注文住宅は、時間と労力が必要!

新緑の匂いが漂う気持ちのよい日が続きます。
日中の陽ざしは強いのですが、湿度もそれほど高くなく、
四季を通じて、爽やかな一番過ごしやすい季節かもしれません。

さて、前号で建売やマンション購入と違い、平均で注文住宅は契約まで3ヶ月、着工まで3ヶ月、さらに引き渡しまで4~6ヶ月かかるというお話をしたところ、どうしてそんなにかかるの、何の打合せをするのという問い合わせがありました。

そこで、少し補足の説明をしますね。

注文住宅のスケジュールは、ハウスメーカーと工務店では少し異なりますが、ここではハウスメーカーでのスケジュールでお話しします。

ハウスメーカーに依頼する場合は、次のような打合せスケジュールとなります。

 1.初回相談とご要望の確認(資金計画、プラン要望のヒアリング)

 2.現地調査と役所調査
   (道路、隣地状況の確認と給水、排水施設状況など)

 3.1STプレゼンテーション

 4.修正プラン打合せ(平均で3回~4回)

 5.基本プランの確定と標準仕様に基づく詳細見積り書の提出

 6.請負契約の締結

 7.実施設計
   (詳細設計、設備計画、電気配線計画、空調換気計画など)

 8.追加変更契約の締結

 9.着工

 10.引渡し

初回相談に始まり、現地調査、役所調査に基づいて、1週間~2週間ごとに、プラン提案が3~4回繰り返されますからここまで約2ヶ月。

その後、仕様・設備の確認を踏まえて詳細見積り書の提出し、契約調整していきますので、請負契約の締結までは約3ヶ月必要になります。

また、「7」と「8」で3ヶ月必要となる理由は、請負契約後に平面詳細、断面詳細図をおこしながら、コンセントやスイッチの位置、フローリングやクロスの色決め、ショールームを廻りながら、キッチンやバス、洗面、トイレなどの設備の確定をインテリアコーディネーターと最終決定していきます。

また建築確認申請図面を作成し、認可を得ることも同時に行っていきますので、合わせると請負契約から着工までも約3ヶ月程度必要となるわけです。

工務店の場合は、「6」の請負契約を申込みや設計契約というワンステップをとり、全ての図面が最終確定した時点で詳細見積りを提出し、請負契約を行いますので、「8」の追加変更契約という概念はありません。

ハウスメーカーが契約から着工までに追加金額が出やすいのは、請負契約後に詳細設計をするからですが、このハウスメーカーの手法は変えることができません。

どうしても気になる方は、契約前の「5」の詳細見積りの段階で、自身の要望をしっかりと伝えることです。

ハウスメーカーでも工務店でも、注文住宅で検討する場合は、引渡しまで1年は覚悟しなければなりません。

カテゴリー: コラム, 家づくり — 小野 信一 12:45 PM

消費税の再増税が延期される見通し!

5月も半ばが過ぎ、いよいよ初夏の様相です。

店舗や事務所でも冷房が稼働し始め、街では半袖や短パン姿の人も目立つようになってきました。

明日からは、気温も25度を超えるような夏日が続くようです。
くれぐれも体調など崩されないよう気をつけてください。

さて、消費税の再増税が予想通り延期になりそうです。
正式な発表はまだですが、一部の新聞では延期になるのは決定済みであとは、どこまで延期するかの議論に入っているとのこと。

予想では、2年後の2019年4月というのが多いようですが、
安倍さんの退任時期や衆議院や参議院の改選時期をにらんで自民党内で調整しているとのこと。政治の世界とは関係ないように思うのですが。

消費税の再増税を意識して、家づくりのスケジュールを考えていた人は少しじっくり検討という雰囲気でしょうか。現にコンサルティングを実施中のお客様の中には、年内まで結論を延ばしたいという方も出てきました。

しかし、多くのみなさんはそれほど動揺をしていない様子です。
そもそも消費税の再増税は延期という雰囲気が年初から出ていましたし、今進行中のお客様のほとんどは消費税の再増税よりも、空前の住宅ローンの低金利の恩恵を受けたいと思っている人がほとんどだからです。

住宅ローンの金利が確定するのは融資実行時です。
融資実行時というのは、建物が完成し、表示登記がされた時点。
建売りやマンション購入であればすぐですが、注文住宅は時間がかかります。

今から打合せを始めても平均で契約まで3ヶ月、契約から着工まで
3ヶ月。さらに着工から完成まで4ヶ月~6ヶ月。1年後が融資実行時
となります。みなさんが急ぐ理由がここにあります。

しかし、よく考えてください。
消費税が2%増税されても、金利が1%上がっても、安全、安心で、
ご自身が納得するものができなければ元も子もありません。

そういう意味では、消費税の再増税が延期されたことは、少なくても余計な制限がなくなったという意味で良いことだと思います。

気を付けなくてはいけないのは、打合せが順調に行っていて、満足するものができつつあるのにスケジュールを延長することです。

これは、ゴールを決めて、せっかく一生懸命やっているのに理由もなく先延ばしされたと受け手が思ってしまうことです。これでは力も入らなくなり、集中も途切れ、いいものができなくなります。

家づくりも信頼関係が大切ということです。

カテゴリー: リフォーム, 家づくり, 時事ネタ — 小野 信一 12:45 PM

家づくりは、打ち合わせの楽しさが醍醐味!

ゴールデンウィークも中盤。いかがお過ごしでしょうか。
2016年は大きな天候の崩れもなく、気温も夏日を超える程度で初夏
の気候とのこと。遊び疲れなんて羨ましい声も聞こえそうですが、
しっかりと英気を養ってください。

さて、わが社にはゴールデンウィークはありません。
日々の個別無料相談への対応や既存のお客様の打合せに
追われるからです。また、後半の6日~8日には新宿でGWセミナー
も開催しています。
したがって、本当に休む暇もありません。

そういえば、社会人になってこの業界に飛び込んで以来、30年。
いつもこの調子でゴールデンウィークは休む期間ではなく、繁忙期
と実感。さすがにこのご時世、社員に強要するわけにはいかず、
交代で休ませています。

あまり、愚痴を言っても仕方がないので、ゴールデンウィークの前半
で、打合せをした中でのお客様の事例をご紹介します。

現在、大手ハウスメーカー1社と工務店2社で比較検討していた
Aさん。それぞれプランが確定し、詳細見積りが提案されました。
コンサルタントとして詳細見積りを分解し、比較表を作成し、
検討していただきました。

大手ハウスメーカーは、総合的に見て一番安心。でも金額は
値引き後で1割高い。
どうしようか迷われた末に出した結論は、ある工務店でした。

理由を聞くと、「打ち合わせが一番楽しかった」とのこと。
設計の人と感性がいっしょで、どんどんイメージをわかせて
くれるとのこと。
一方、ハウスメーカーとの打合せは、予算の都合上、コスト
削減が趣旨でつまらなかったと言っていました。

もう1件。ハウスメーカー3社で検討していたBさん家族2世帯。
こだわりの和風の在来木造が好きだったのに、選んだのは
全く違ったところ。

理由を聞くと、当初テイスト的に一番好みかなと思ったところの
設計と話が合わなかったとのこと。お客様の話を聞いてくれず、
プライドがあるのか、いつも反対され、言えなくなってしまった
とのこと。

打合せがつまらなく、最後は、若奥様もお母様ももう会いたく
ないとまで毛嫌いされてしまいました。

選ばれる理由の2つの共通点は、打ち合わせの楽しさ。
設計との相性です。

どんなに、性能が優れていても、ブランド力があっても、
注文住宅をする方の選定ポイントは、自分の家をつくる
楽しさにあると思います。

言われるがままの家づくりをするなら、時間をかけて
注文住宅を選ぶ必要がなく、建て売りやマンションで
充分なのですから。

家づくりは、打ち合わせの楽しさが醍醐味です。

カテゴリー: コラム, ネクスト・アイズ, リフォーム, 不動産, 家づくり — 小野 信一 12:45 PM

GWは、弊社主催・提携の住まいのイベントへ!

今週末は、ゴールデンウィークです。

楽しみにしている方も多いでしょうが、熊本地震によって被災された
方々にとっては、ゴールデンウィークどころではないと思います。

ようやくおさまってきた感のある余震ですが、くれぐれもお体を労り
ながら、復旧などに取り組んでください。
何もできない自分に腹立たしいのですが、今は1日も早い、
復旧・復興を祈るばかりです。

さて、今回はゴールデンウィーク中の弊社主催・提携セミナーの
ご案内です。

 —————————————————————

  5/6(金)~5/8(日)のゴールデンウィーク最終の3日間、
  新宿 TDYコラボレーションショールームにて恒例の
  “ゴールデンウィーク必勝法セミナー”を開催いたします。

  6日(祝)をリフォーム、7日(土)を不動産、8日(日)を
  新築の日と命名し、それぞれ一日2セミナー、計6
  セミナーの開催となります。

  セミナー後には無料個別相談もあり、売り手に属さない
  資格をもった専門家である住宅コンサルタントが対応
  しますので、不安を払拭してください。

  ▼▼ 詳しくはこちら ▼▼▼
   http://www.nexteyes.co.jp/event/20160506-hisho/

 —————————————————————

  また、ゴールデンウィークは予定があって時間が取れない
  という方には、翌週14日(土)と15日(日)に、弊社
  麻布十番セミナールームにて土地を購入して注文住宅を
  検討している方や、建替えを検討している方を対象に、
  “家づくり・土地購入実践塾”を開講します。

  物件選びや資金計画、構造、業者選びに至るまで、
  午後の3時間を利用して徹底解説いたします。
  もちろん最後には個別の無料相談付きです。

  ▼▼ 詳しくはこちら ▼▼▼
   TEL:0120-406-212(水曜定休・10:00-18:00)
   MAIL:info@nexteyes.co.jp

 —————————————————————

  さらに、東京だけでなく大阪でも“関西住まいづくりフェア
  2016”を開催。
  こちらは、弊社と同じく中立的な第三者機関である
  (株)FPコンサルティングと提携し、大阪西梅田のハービス
  HALLで行います。

  セミナーや無料個別相談会などの他に、世界的絵本作家
  である谷口智則さんをお招きし、飛び出す絵本を作る、
  家族で楽しむワークショップなどのおもしろイベントも同時
  開催するそうです。

  ▼▼ 詳しくはこちら ▼▼▼
   http://www.hng.ne.jp/seminar/view/169

 —————————————————————

今回の熊本地震は、現在リフォームや新築を検討されている方々にとって大きな衝撃だったのではないでしょうか。

住宅・不動産業界は非常にグレー。

少しでも不安を抱えている方は是非ご参加ください。

カテゴリー: コラム, ネクスト・アイズ, リフォーム, 不動産, 家づくり — 小野 信一 12:45 PM

熊本地震の被害に遭われた方へ、お見舞い申し上げます

新年度が始まり、初夏に向かうはずの14日夜に熊本で地震が起きました。地震の規模は、M6.5、震源の深さは11キロ、東日本大震災以来の震度7。

東京では少しの揺れも感じなかったので、何事が起ったのかと戸惑っていたらテレビのチャンネルは、民放含め、すべて地震の詳細速報へと変わり、熊本市内や郊外の被害状況の報道へ。びっくりしました。

当初はこれが本震で、震源が浅い活断層地震は、今後震度6弱程度の余震が続くと解説されているのを覚えています。

ところが16日未明に、M7.3という阪神大震災級の地震が起き、気象庁はこれを本震と訂正。市役所含む家屋の倒壊、土砂崩れによる生き埋め、橋の崩落と前の地震と比較にならない被害状況に、愕然としました。

東日本大震災以降、今後30年以内に震度6弱以上に襲われる確率は、東海、東南海に集中していただけに、熊本で起きるなんて誰が予想していたでしょう。

被害に遭われた方のご冥福と一日も早い復旧、復興を願ってやみません。

被害状況を見ていると、阪神大震災、東日本大震災同様、屋根が瓦で重く、耐震性のない昔ながらの木造家屋に多かったように思います。

昭和56年6月1日以降に確認申請が出されたものから、耐震基準が大幅に強化され、以前を旧耐震基準の建物、以降を新耐震基準の建物として分類し、全ての建物が新耐震基準になるよう、国や自治体の補助金などを活用し、耐震化を進めていました。

ところが、これも2極化が進行し、お金のある都市部では耐震化が進み、お金のない地方部では進まないのが現状です。

東京の住宅の耐震化率は87%、公立小中学校で88.4%に対し、
熊本では住宅の耐震化率72%、公立小中学校で66.3%と、
少し古いデータですが、格差は一目瞭然です。(住宅の耐震化率は国交省H20年、公立小中学校は文科省H22年調べ)

全てが補助金で出るわけではなく、自己負担も大きいわけですから、都市部と地方の所得格差がそのまま耐震化率にも表れてきます。

田舎にいけばいくほど昔ながらの耐震性のない木造家屋は多いと思われます。

地震はいつ、どこにやってくるのかわかりません。
昭和56年以前の建物にお住まいの方、以降であっても、外壁にクラックがある、雨漏りなどの経験がある、何となく建物が傾斜している、建物は大丈夫でも、裏側が山である、川の近くなど少しでも不安な方は、専門家にご相談ください。

弊社でも、無料の住まいの計画診断を実施しています。

 ↓↓↓ご希望の方はこちら↓↓↓
  電話 : 0120-406-212(10:00~18:00 水曜定休)

  メール: info@nexteyes.co.jp
       (件名に「住まいの計画診断」とご記入ください。)

カテゴリー: コラム, ネクスト・アイズ, 家づくり, 時事ネタ — 小野 信一 12:45 PM
2016 年 6 月
« 5 月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930