無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. 家づくり・リフォームを始める前に

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 小野 信一 ネクスト・アイズ株式会社家づくり・リフォームを始める前に

<家づくり・リフォームを始める前に>

家づくり・リフォームは難しい、そんな話をよく聞く。
難しくさせている原因のひとつには、衣・食・住という三大要素の中で「住」というこの業界があまりにも不透明で遅れた業界だからであろう。
たとえば、「食」の業界、材料ひとつとっても、○○村の○○さんが作ったトマトまで情報が開示されているのに対し、住宅業界では、断熱材一式工事というのがまかりとおる。ロックウールが使われているのか、グラスウールが使われているのか、はたまたアスベストなのか。悪徳リフォーム業者の問題、耐震偽造事件の問題と相まって、消費者を疑心暗鬼にさせる。

もうひとつが、売り手主導という問題。これだけ高額な買い物であるのにもかかわらず、相談しに行くのは売り手に相談をしに行く。リフォーム店に行けば、まだまだ持ちます、リフォームしましょうという話になるし、建替え専門の施工店に行けば、リフォームしても高くつくし、いっそ建替えましょうという話になるのは当たり前の話だ。

そして、何より消費者自身が、自分自身のことを何も把握していないことだろう。将来の生涯設計、家計の中での収入と支出、家づくりに対しての具体的な夢、何も整理されていないのに家づくりを始めてしまう。いい例が住宅展示場。過半数の人が、たった一日、最初に飛び込んだ2~3社で決めてしまう。住宅展示場はどんなに小さな展示場でも10社以上、大きな展示場では100社近くあるものもある。なぜこんなに安易に決めてしまうのか。こうした人の多くが、売り手の巧みな口上に誘導され失敗している。あくまで自身のプロジェクトであるという意識をもつことが一番大切なこと。自己責任であるという強い意識をもつことが必要だ。

家づくりは気力と体力と時間がかかる非常に難しいものだ。それだけに「こうした家を建てたいという夢」を実現するための強い意志を最後まで持ちつづけることが成功の秘訣となる。いつが建てどきかは、人それぞれおかれている環境によって違ってくる。しかし、建てたいと感じられたときが建てどきなのだろう。当然ながら、その時におかれている環境が条件となる。その条件を整理し、無理をしないことが大切なことだ。

関連記事

住生活コンサルタント 小野 信一住生活コンサルタント 小野 信一

住生活コンサルタント 
小野 信一
ネクスト・アイズ株式会社

『こんな私に少しでも好感をもっていただけたら、あなたのお役に立てるかもしれません。メールやお問い合わせ、是非お待ちしております。』
一般消費者への家づくり情報を発信する「ハウスネットギャラリー」を運営する一方、「欠陥住宅を造らない会」、「ちっちゃな工務店クラブ」事務局も兼務。一般消費者への住まいの相談業務は2500人以上を数えます。
その豊かな実例をもとに“家づくり必勝法”(NHK出版)を発刊。
経済産業省 住宅産業関連ニュービジネス支援策検討委員会委員。 日本FP協会会員。