無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1517 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 15 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 実家を二世帯住宅へ建て替えるときのポイント

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社実家を二世帯住宅へ建て替えるときのポイント

40代、50代になると実家に高齢の親をひとりで住まわせているような方々がたくさんいらっしゃいます。そんなとき、ふと考えるときがあります。
親が元気なときであれば、親は『あまり子に干渉されたくない』と考える方々が多いようですが、万が一自分が要介護・要支援になったときの漠然とした不安を考えると、子どもに近くにいてほしい、とも考えてしまうときがあります。
そんなとき、親のほう、または子のほうから『実家を建て替えて二世帯住宅に』と切り出す方々が多いです。

実家を二世帯住宅へ建替える場合の留意点
事例:ママとみんなに心地よい二世帯住宅 住友林業株式会社(こちら

二世帯住宅を検討する際は、しっかり「相続」について話し合いましょう

実家を建て替えて二世帯住宅にする場合は検討初期段階から、相続税の課税の有無を問わず将来発生する相続について、きちんと検討しておく必要があります。
なぜならば、実家を建て替える方以外に兄弟姉妹などの相続人がいる場合、建て替えた二世帯住宅を遺産分割するというのは、極めて困難なことです。

他に有価証券や生命保険、現物資産や現金といった、不動産以外の資産があれば不動産以外の資産を分割することで法定相続分の遺産は相続人が分割できますが相続する資産が不動産(この場合は二世帯住宅の土地・建物)しかない場合、現在お住まいの不動産を売却するなどの方法で各々の相続人に対する法定相続分を負担するしかなくなってしまうからなのです。

相続税が課税されるかもしれない、ということで、土地の評価額が大きく下がる相続税対策として、二世帯住宅や賃貸住宅の新築建て替えを検討する方は数多くいらっしゃいます。現在の税制度であれば、二世帯住宅の相続税節税効果は大きなものがあります。相続税が課税されないとしても、二世帯住宅を建てて親と同居するようにすれば親が存命中である限り、月々の家計で大きなボリュームを占める住居費が大きくコストダウンできる可能性が高いだけに、教育費が重くのしかかるような子育て時期でも、ライフプラン上有利になる方々は数多くいらっしゃいます。
だからこそ、検討初期段階から親と同居しない兄弟姉妹についても、二世帯住宅を建てて親の面倒を見るかわり、相続のときにその分の折り合いをつける必要があることを相手に納得させておくことが、後々“争族”にさせないためにも重要なポイントになってくるのです。

設計・施工技術だけではなく、二世帯住宅での問題を解決する営業力も重要

続いて、ライフプラン上有利な二世帯住宅だとしても敷地条件によっては難易度が高くなる例について解説します。
建物の建築にあたり建物の面積・大きさについて厳しい規制がかかっている敷地(例:第一種低層住居専用地域)の場合、二世帯住宅で必要になる建物のボリュームを確保することはと難しい場合があります。水廻りなどを親世帯・子世帯で共有するような【部分共有二世帯住宅】であれば建物の面積・大きさを小さくすることもできなくはありませんが、普段の生活における親子間での干渉を避けるため【完全分離二世帯住宅】にすると、親世帯と子世帯の水廻りやリビングダイニング・寝室などの生活空間がある程度は必要になるため、間取りの工夫や収納スペースを工夫して敷地で規制されている範囲に納めなければなりません。

このような難しい設計においては、建築家との家づくりをイメージする方が多いと思いますが、工務店やハウスメーカーでも営業担当・設計担当次第で建築家のようなオリジナル性の高い住まいが実現します。ただし、このように設計難易度が高い案件の場合、各々の企業としての看板より個人力(問題解決能力)のほうがより大きな要素を占めます。建築家であれば、設計作品=看板ですから、その建築家の施工事例を数多く見たり、話を聞くことで、ある程度のイメージができる可能性は高まります。主に組織で対応している工務店・ハウスメーカーの場合、個人力(問題解決能力)は表だってイメージできることは多くありません。

そんなとき役立つのが、各建築会社と密接なつながりをもつ住宅コンサルタントや、住宅業界に精通した事務局があるポータルサイトのご相談窓口。数多くの施工事例はもちろん、各社担当者の設計能力に精通している窓口担当者であれば、中立的・客観的な立場でアドバイスを受けられます。
裏を返せば各社の内情に精通していない限り、困難な条件での建て替えに対応できる建築会社の選定は困難を極めるということです。

専門家の力を借りて、理想の二世帯住宅を実現しましょう。
二世帯住宅への建て替え相談は気軽にどうぞ。もちろん無料でご相談はお受けいたします。(こちらから

 ★100件以上の二世帯住宅の事例を掲載!ハウスネットギャラリー「二世帯住宅 事例一覧」はこちら

共用型、分離型、部分共有型など、全国各地で施工された二世帯住宅をご覧いただけます。外観や間取り、プラン、アイデアなど以外にも建築面積や坪単価、総建築費などより詳しい情報を掲載しています。ぜひご覧ください。
★ハウスネットギャラリー事務局では、二世帯住宅に関するご相談も無料で承っております。
  ■電話によるご相談 →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料)まで(水曜定休日)

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。