無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. 住宅履歴情報「いえかるて」が、いよいよ登場

住宅関連記事・ノウハウ

住宅コンサルタント 馬渕裕嘉志 住宅履歴情報「いえかるて」が、いよいよ登場

<住宅履歴情報「いえかるて」が、いよいよ登場>

長期優良住宅を普及させるために必要とされているのが、「住宅履歴情報」。

 「住宅履歴書」とか「家歴書」とか呼ばれてきましたが、
住宅履歴情報整備検討委員会が愛称を募集した結果、
「いえかるて」と言う呼び名に決まったそうです。

 まずは、「住宅履歴情報」を「当たり前」にして行こうと考えている国の政策の理念の紹介から。

 「住宅は、個人資産であると同時に、世代を超えて継承されるべき社会的資産でもある。
  住宅の質を維持し、豊かな住生活を実現して行くためには、良好に維持管理された住宅と
  その履歴情報をしっかりと次の所有者へ引き継ぎ、住み継がれるようにすることが大切である。」
 これまでの「20~30年程度の寿命で住宅を壊しては造り・・・」と言う風潮との決別ということです。

 平成21年3月に変更された「住生活基本計画」で、
  「長期優良住宅の普及の促進」
  「リフォームの推進」
 が掲げられたのは、このためです。

 では、「住宅履歴情報」とは?

 それは、「住宅の設計、施工、維持管理、権利及び資産などに関する情報」のこと。

 ここに登場するプレーヤーは次の4者です。

1、住宅所有者
  解説は不要ですね。

2、情報生成者
  住宅生産者、リフォーム事業者、メンテナンス事業者、住宅所有者

3、情報活用者
  上記に加えて、検査機関、住宅購入者、不動産鑑定者、金融機関、保険業者等

4、情報サービス機関
  住宅所有者が行う住宅履歴情報の管理・活用を支援するサービスを提供する機関

 ここで、最も重要なポイントは、住宅履歴情報の所有者は、「住宅所有者=住まい手」だと言うことです。
 従って、リフォーム事業者等の情報活用者が履歴情報を利用する場合、
住宅所有者がその情報を提供することが必要になります。
 そして、建築事業者=情報生成者は、住宅所有者へその情報を必ず提供することがうたわれています。

 こうして並べて行くと、住まい手側の「住宅履歴情報」に関する正しい理解や意識の向上が
 長期優良住宅の実現のために、必要だと言うことがわかります。
 ただし、それをやらないからと言って、罰則はありません。
 罰則がなくても、メリットが大きければ、そちらに意識が向かいますよね。
 その点では、今回の政策は、住宅の寿命を延ばす取組の推進で、これまで、
 「中古住宅=得体の知れないもの」には、価値を付けられないとなっていたものを、
 「得体の知れている住宅」、「手入れの生き届いた住宅」として持ち続けると言う努力が
 報われる時代にしようとしているのです。

具体的には、次の4点のメリットです。
メリット1 計画的な維持管理ができる
メリット2 合理的なリフォームができる
メリット3 売買に有利
メリット4 災害時の迅速な対応

 生活への影響として、「家計に占める住宅関係費を減らし、その分、暮らしのゆとりに資金を回す」
ことを目的にしているので、住宅履歴情報をメンテナンスしておこうと言う意識が、
住まい手側に生まれることを目指しています。
 
 このように、上手な方程式はできましたが、住まい手側に期待される大きな役割について、啓蒙活動は、これからですね。

関連記事

住宅コンサルタント 馬渕裕嘉志住宅コンサルタント 馬渕裕嘉志

住宅コンサルタント 
馬渕裕嘉志

私が平成12年に、中部電力の社内ベンチャー第1号の(株)リブネットを設立し、消費者向けの住まいづくりコンサルティングサービスを始めてから、10年が経ちます。これまでの相談件数は1000件以上、建築家や住宅会社をご紹介して、お見合いを成立させたのは、400棟以上に上ります。
家づくりは、購買経験がないため、「何から始めれば良いの?」から悩む人が沢山います。建築契約をしたものの、「ほんとにこれで良かったの?」と不安になる人も多くいます。これは、住宅会社にとっても、不幸な話です。「生活者も事業者も、共に幸せになる住まいづくり文化の創造」を合言葉に、皆さまの住まいづくりの成功に全力を尽くしたいと思います。そして、子どもたちと未来のために、“良い住まいが良い家庭を育み、良い街並みと豊かな社会を創る”が私のライフワークです。