無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 子供部屋の設計

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 高橋孝栄 株式会社空間設計研究所子供部屋の設計

<子供スペースのスペシャリストに聞く子供部屋設計>

子供部屋というのは、家をつくる上で大きなテーマです。
子供部屋単体で考えても意味のないことですし、子供部屋が引きこもりの原因!などと
安直に済ませることもできません。
『個室がなければ問題が生じないのかといったら違うでしょう。
家で1人にならなければ、子供は外に1人になれる場所を求めるかもしれません。家全体で考えた時に、
子供を育む空間としてどうあるべきか。そんなところから考えてみましょう。』
と、今回子供部屋の設計について教えてくれたのは、建築家の高橋孝栄先生。
いくつもの子育て住宅を設計してきた、子供スペースのスペシャリストだ。

<子供部屋は必要か、不必要か>

『まず、子供部屋の必要か不要かについては、“必要”と考えています。
ただし、小さい子供には個室は不要です。
個室が必要なのは、勉強に集中する受験の時期と、自己の内側の問いかけが出てくる思春期。
1人になれる場所として、3畳も用意すれば十分なのです。
あまり広くて居心地が良すぎると、そこから出てこなくなる(=引きこもる)のですから、
鍵は必要ないし、広くても4.5畳くらいが妥当なのではないかというのが私の考えです。
個人で管理すべきものと共有するものの区別ができていれば、その広さで十分なはず。
また、子供が巣立った後にもその程度の余白だと使い勝手がよいのです。
衣裳部屋、ゲストルーム、書斎など、あまり広くても持て余してしまいますから。』

吹き抜けに面したファミリースペースの奥に配された子供室。

吹き抜けに面したファミリースペースの奥に配された子供室。仕切りは閉じ加減を調節しやすい引き戸で。
上部のガラスの引き違い窓は、通風確保と気配を伝えるためのもの。

『子供部屋は、今は共有スペースとして使え、将来必要に応じて仕切れるようにつくりました。
だから広い必要はないし、基本的に扉は開けっ放しにと考えています。』

『また、大人のコミュニケーション能力不足が話題になる昨今。我が子にその力をつけさせたいのなら、当たり前ですが、まずは家族でしっかり会話をし、人の集まる機会を増やすことです。人と交流を重ねるうちに、子供の会話やふるまいに他者への配慮が出てきます。家は子供の社会性を養う重要な場所なのです。だからこそ家には、人との交流のしやすさが望まれます。
たとえば、人の気配を感じる空間、縁側、お母さんの存在を感じながら子供が遊べる間取り・・・。 ふすまを開ければ見渡せる古民家のようにおおらかな家の中に、適切なバランスで、年齢に応じた子供部屋を設えたいものです。』

『子供部屋は成長に併せて、緩やかに閉じて、また緩やかに開く空間が望ましいです。』
なるほど、可変性を持たせておくということが重要なのですね。

関連記事

建築家 高橋孝栄建築家 高橋孝栄

建築家 
高橋孝栄
株式会社空間設計研究所

1949年 新潟県生まれ
1977年 工学院大学大学院建築学科 修了
1978年 株式会社大高建築設計事務所 入社
1991年 株式会社空間設計研究所 設立
『住宅は生活の基本的な行為を行う空間であって、健康な時も病気になった時も住み続けられる場でなければなりません。健康に住まえることが第一です。したがって設計に際しては、まず自然の通風、採光の確保や素材感、構造や設備計画のシンプルさが重要な要素であると考えています。これが結果的に健康で家の長寿命化、環境配慮等の点に優れた住宅になると思っています。』
2009年7月 『大改造!劇的ビフォーアフター』で、匠として登場。