無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. これからの家は「夏を旨とすべし」の自然住宅

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 これからの家は「夏を旨とすべし」の自然住宅

これからの家は「夏を旨とすべし」の自然住宅

わが国の家の原点は“蓑傘”の傘の家
■イラスト:わが国の家の原点は“蓑傘”の傘の家(画:天野彰 )

 住まいの設計あたって私がいつも参考にするのは「徒然草」です。

 日本の住まいや暮らしの原点を知るためにいろいろな古典を読み漁った中で、わが国の偽らざる本音の生活や世相を適格に言い著しているのがこの随筆だと思うのです。まさしく何百年にもわたって人々が読み継いで来ている事実からみても、それが日本人の生活の知恵として疑わないのです。

 近年においても鎖国から明治維新、そして戦後と、急激に西洋化され、近代化が進み、今や「衣食住」のすべてが西洋化されハイテク化されているのですが、どれほど西洋化が進もうとも、不思議なことに日常の生活や行事はあい変わらず春夏秋冬のはっきりした四季の折りなしの中で営われているのです。

 「衣」の装いも「食」の豊かさも、さらには「住」の設えも、まるでDNAのように根源は日本の古きかたちであり、日本固有の自然である湿気対策の上にすべてが成り立っているように思えるのです。戦後住まいはたちまち西欧化され、次々とコンクリートの集合住宅も建てられ、今や一戸建ても壁式の高気密高断熱で外断熱だ、設備もハイテク化されて、欧米顔負けの素晴らしいインテリアとなっているのですが・・・、なぜか家の中までは絶対に土足の暮らしにはならずいまだスリッパの生活なのです。

 生活の中の「衣」・「食」・「住」は誰にとっても大切なことで、大きな楽しみでもあるのです。さらに創造の源であり、文化でもあるのです。しかし今は大量生産と大量販売で、「衣」は既製品やイージーオーダーのものが急激に進化し、「食」も地域の食文化は衰退し、フランチャイジャーとして、ファーストフードはどの街にも存在し、あらゆるものがインスタント食品となり、しかも廉価に入るようになったのです。「住」においても増改築がリフォームと名を変え、多くの業種が参集し、ついには訪問販売から、詐欺行為の手段とまでなっているのです。こうして日本の「衣食住」はすべてにおいて大量販売のデリバリー商品となったのです。

 しかし、その一方で人々の住まいの本質的なニーズは “日本”で、本音では古い民家にあこがれたり、無垢の木や土に親しもうともしているのです。わが国の生活文化はいったいどこへ行ってしまったのだろう?と思いきや、若い人たちは浴衣や着物を好んで着るようになり、健康的な日本料理に人気が集まり、「住」も無垢(むく)だ、手づくりだと、昔の良さに目覚めてか、民家ブームや自然素材の本物思考となっているのです。住まいはそうした気候と風土の中に息づいていることを感じさせるのです。

 そのテーマこそ“湿気”です。暑いときも寒いときも常に湿気にかかわり、そしてこの梅雨のときこそわが国の住まいはその本領を発揮してきたのです。

ところが諸外国の家の形は歴史を見てもその本質においてさほど変わっていないのです。これほど根の深い湿気の国でありながら、突如としてその本質の違う工法や材料による壁の家となり、洋風思考や近代化はおろか、住も見事に工業製品となり商品化され、わが国の生活文化として浸透したのです。この先さらにどうなるか?ですが・・・すでに高齢者の多くは空調機や除湿器を嫌って、自然の風を求め、自然と調和する生活を求めているのです。

暑い夏でも意外と涼しい中庭の京都の町家(断面模型)
■写真:暑い夏でも意外と涼しい中庭の京都の町家(断面模型)

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表