無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 金利が上がる=住宅ローンの総支払額が増加

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社金利が上がる=住宅ローンの総支払額が増加

金利が上がる=住宅ローンの総支払額が増加

8月2日の日経朝刊1面に、
『フラット35』住宅金利 優遇申請、来月末まで 国交省、期限前倒し方針
という記事が掲載されました。

住宅金融支援機構のWebサイト(外部リンク:住宅金融支援機構)
にも同日、フラット35S優遇申請終了のご案内が掲載されています。

当初予定では2011年12月末まででしたが、当初10年間の金利を通常より1%下げていることで、当初10年間の金利が年1%前半に。民間よりも安い金利で借りることができました。金利優遇を導入した昨年2月から利用が急増。今年6月までに約23万件、4兆円近くの融資の融資実績となっています。

国交省は住宅投資の下支えを続けるため、来年度以降もフラット35の金利優遇を続けていくことを検討していますが、1%の優遇金利は縮小。現在発表されている内容では、10月以降のフラット35の金利優遇は0.3%の優遇幅に留まるようです。

さて、単純に金利が上がるということは、住宅ローンの総支払額が増加する、ということ。

そこでもういちどおさらいすると、フラット35のメリットとは、全期間固定金利ということ、長期にわたる金利変動リスクにさらされないことが最大のメリットなのです。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。