無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. お住まいが健康に配慮した家か診断

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社お住まいが健康に配慮した家か診断

お住まいが健康に配慮した家か診断

私自身、最近交通事故に遭ってから整形外科や内科に通院する機会が増え、待合室でいろいろなお話をお聞きする機会が多くなりました。

そこで、いろいろなお話をお聞きしていると【自宅でわずかな段差につまづいて転倒して骨折した】とか、【ヒートショックで風呂場で溺れそうになった】とか【引っ越ししたら気管支喘息が悪化した】【引っ越ししたら生活習慣病が悪化】など、単に【家のそとで怪我をした】とか【加齢で持病が悪化した】というよりも、住まいがトリガーとなって怪我をしたり、持病が悪化したりする方々が意外に多いような印象を受けています。

人気のテレビ番組である【大改造!!劇的ビフォーアフター】をお盆休みの最中にまとめ観(倍速)しましたが、特に印象深かったのが仙台市宮城野区が現場だった【風呂場が冷蔵庫の家】。
(大規模半壊した仙台の私の家から、歩いて数分の距離なのです)

 出演されたおばあちゃんの身体的負担や室内の温度差。仙台の冬を知る私にしてみれば、その辛さは容易に想像できます。そして、結露や湿気はダニやカビの発生を促してしまいます。

こうした不健康につながる不具合はリフォームによって改善できる可能性が高いのですが、自身の健康にも配慮したリフォームについて、余生を楽しく健康的に過ごす投資=PPK(ピンピンコロリ)に向けたひとつの動機として捉える方々はいったいどの程度いらっしゃるのでしょうか?

加齢による身体の衰えは、一般の方々にとってはいつ来るかわかりません。たとえば、私のように交通事故を契機に一気に身体の衰えを自覚する場合もありますし、65歳の定年リタイア(セカンドライフ)を期に一気に身体の衰えを感じる方々もいらっしゃるかもしれません。

では、自宅の現状は他と比較してどうか?ということについて、気になる方々もいらっしゃるかと思いますが、8月にはそのガイドラインが公開されます。建築環境・省エネルギー機構(東京都千代田区)が7月27日の公開セミナーで詳細を発表した『CASBEE(キャスビー)-健康』が、その評価ツール。執筆時点の8/16現在、まだ公開されておりませんが、公開予定の以下URLには、【2011年8月公開予定】と記載されております。

CASBEE健康チェックリスト(外部リンク:建築環境・省エネルギー機構)

上記URLにて公開されているパンフレットを読んでみると
『夏、暑くて眠れないことはありますか?』
『冬、寒くて眠れないことはありますか?』
『浴槽の出入りでバランスを崩すことはありますか?』
『水道水に嫌な味やにおいのすることはありますか?』
など、住まいと健康などに関する質問に対し、お住まいのみなさまがチェックリスト形式で『はい』『少しだけ』『いいえ』などの回答を選んでいくしくみ。

すべての回答を集計すると、お住まいの家が健康面からみてどれだけ配慮されているかを診断するツールなのです。すでに蓄積されているデータベースに基づき、自宅の健康配慮度合いを全国平均値と比較する機能も備えるとのことです。

開発を手がけたのは国土交通省の『健康維持増進住宅研究委員会』。同委員会が8月に上記URLにて公開する、とのことです。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。