無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 設計段階から注意したい、照明のポイント

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社設計段階から注意したい、照明のポイント

設計段階から注意したい、照明のポイント

加齢に伴う目の機能の衰えについて、自分の体験を交えて必要なポイントをまとめてみましょう。
目の機能の衰えにも配慮した照明計画は、【こんなはずじゃなかったのに・・・】と、あとで思わないようにするためにも、とても重要なポイントです。
また、現在家づくりや大規模なリフォームを計画されている読者のみなさまであれば、設計段階から以下の点をしっかり伝えておくと、つくり手も住まい手もお互いに納得できる住まいになることでしょう。

1.加齢とともに、同じ明るさでも暗く感じるようになるため2倍以上の明るさが必要に。
  わかりやすい事例を挙げると、たとえば自宅リビングの照明選びについても
  8畳なら10畳用の照明器具といった、いっそう明るい照明器具が必要になります。
  ただし、やみくもにシーリングライトなどの照明器具を大型化すると、
  高齢者にとって辛い照明器具自体の眩しさが増す可能性があります。
  よって、天井に付ける全般照明のみで明るさを取るのではなく、
  後から設置できるスタンドなどの局部照明で、手元の明るさを確保したほうが
  眩しさによる負担感が減ります。

2.加齢とともに目が疲れやすくまぶしさも感じやすくなるので
  インバーター照明器具など、ちらつきやまぶしさを軽減するタイプの
  照明を選ぶほうが目の負担が少なくなります。
  さらに、セードつきの器具を使用して光源が直接目に入らないようにも配慮。
  そういった点では流行のLED照明はいわゆる【堅い光】の照明器具が
  多いので、LED照明器具を設置する場所や使い方は、いままでの照明器具とは
  違う配慮=【LED照明器具ならではの配慮】が必要です。

3.たとえばリビングの場合は一室に多くの照明を組み合わせ、
  天井や壁面などが明るく見えて空間としての明るさ感があり、かつテーブル面など
  必要な場所に十分な明るさを確保すると、世代を問わず快適に感じるようです。
  また、リビングは食事、読書、テレビ鑑賞など、普段の生活でさまざまな
  生活行為が考えられる場所。その生活行為に応じて照明を変えられると、
  より快適に過ごせます。

4.リモコン付照明器具は、立ち上がったり手を伸ばしたりせずに
  操作ができるので便利。いちど使うと手放せませんが、
  リビングなどでは真っ暗な状態のまま照明のリモコンを探すという、
  かなり間の抜けた経験もありました。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。