無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 家づくりにかかわる税金
  4. 納税資金を準備しておくことが大切

住宅関連記事・ノウハウ

税理士 後藤 文 東京メトロポリタン税理士法人納税資金を準備しておくことが大切

納税資金を準備しておくことが大切

 〇確定申告時の計算方法(青色申告を選択したものとします)
  個人事業については、暦年(1月1日~12月31日)で計算をして、確定申告を行います。
  不動産所得については、青色申告決算書という書類を作成し、その年の不動産賃貸での
  儲けを計算します。この青色決算書に、主だった科目が記載
  されていますので、これを参考に分類していくとわかりやすいです。

  (1)収入になるもの
   毎月の賃貸料のほか、礼金や更新料などもその年の収入になります。

   (2)経費になるもの
    ・租税公課・・・固定資産税などの税金
    ・損害保険料・・火災保険など
    ・修繕費 ・・・修理代その他リフォーム費用など
    ・借入金利子・・ローンの利息(元本返済額は経費になりません)

 このように青色決算書では不動産の収支だけで損益計算を行い、その後給与所得と合算して、確定申告書を完成させます。

 給与所得については、通常会社にて源泉徴収されていますので、確定申告でいきなり多額の納税額が発生することはありませんが、不動産所得は確定申告時に初めて計算しますので、儲けが大きくなれば、納税額も大きく発生することになります。

 会社員時代に比べ、不動産賃貸分の収入が増えるため、赤字でない限りは年間の税負担も大きくなります。確定申告時にあわてることのないよう、試算などを行い、納税資金を準備しておくことが大切でしょう。また、届出書の提出など、税務手続きには期限が定められているものが多いため、提出忘れ等の無いようご留意下さい。

税理士 後藤 文税理士 後藤 文

税理士 
後藤 文
東京メトロポリタン税理士法人

「難しいことを簡単にお伝えしたい!」会計人としての永遠のテーマです。
平成15年に入所。その後出産を経て、仕事に復帰。現在は自宅・職場・保育園の3地点を巡回しております。
今は資産税を体得すべく、挑戦の日々です。誠心誠意で頑張ります。