無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. 家づくりの前に・・・キャッシュフロー表作成のススメ

住宅関連記事・ノウハウ

住宅コンサルタント 草野芳史 株式会社住宅相談センター家づくりの前に・・・キャッシュフロー表作成のススメ

家づくりの前に・・・キャッシュフロー表作成のススメ

『自分達はいくらまで家づくりにおカネをかけて大丈夫なのでしょう?』
よくお受けするご質問です。

住宅会社や不動産屋は「一生に一度の家づくり。銀行はおカネを貸してくれるのだから、後悔しないように充分予算をかけましょう」と言い、銀行も「あなたの年収なら○○○○万円まで融資できます」と言ってくるかもしれません。

でも、銀行というお金のプロが言うのだから間違いない、と言えばそうでもなく、「借りられる金額=返せる金額」ではありません。銀行はあくまで年収などの条件で一律に判断するだけで、実際には同じ年収でも、DINKS世帯と子供が3人いる世帯とでは生活費も全く変わり、住宅ローンの家計に対する負担も全く変わってくるのです。

つまり、家づくりにかける予算は、売り手である住宅会社や不動産屋、貸し手である銀行の言葉を鵜呑みにするのではなく、各家庭それぞれが自らの家計に合わせて判断しないといけないのです。

そのためのツールが「キャッシュフロー表」。
キャッシュフロー表とはご家族のライフイベントをもとに、給与などの収入と生活費などの支出をシミュレーションした、家計の収支予測のこと。キャッシュフロー表を作成すると、次のようなことが見えてきます。

  ・家づくりにいくらおカネをかけていいの?
  ・どんな住宅ローンが合っているの?
  ・もしいま死亡したら、保障(保険)がどれくらい必要なの?
  ・子どもの教育費はいくらかかるの?
  ・老後資金は年金だけで足りるの?

家計の課題が分かれば、問題が大きくなる=家計が破綻する前に対策を打つことができます。家づくりだけでなく、暮らし全般の指標として、キャッシュフロー表を作成し、家計を見つめ直すことをお勧めします。

住宅相談センターでは、これから住宅の新築や購入をお考えの方に、無料でキャッシュフロー表を作成しています。今後40年間の収支をA4用紙で20枚程度に分かりやすくまとめ、さらに作成後の対策(住宅ローンや保険、資産運用などのアドバイス)もしっかりフォローします。ご希望の方は、下記までお気軽にお知らせ下さい。

住宅コンサルタント 草野芳史住宅コンサルタント 草野芳史

住宅コンサルタント 
草野芳史
株式会社住宅相談センター

都市計画コンサルティング会社にて街づくりや都市計画、建築行政に関わった後、中部電力グループの家づくりコンサルティング会社(株) リブネットにて住宅コンサルタントとして活動。平成21年4月、(株)リブネット・プラス設立に参画、取締役に就任。
要望や家づくり計画の取りまとめや、信頼できる建築会社のご紹介など、情報提供や円滑なコミュニケーションによって、安心・納得・満足の家づくりをナビゲートしている。
宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザー。