無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 既婚女性の9割が節電に前向き

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社既婚女性の9割が節電に前向き

既婚女性の9割が節電に前向き

LIXIL 住宅研究所のフィアスホームカンパニーでは、既婚女性(ミセス)201人を対象に
2011/06/27~2011/07/29の期間、「節電と暮らし」についてのアンケートを実施しています。

LIXIL 住宅研究所(外部リンク:LIXIL 研究所)

このアンケート結果のなかで、いくつか興味深い結果が出ています。

『“節電”への取組みは、主に何のために実践しているか?』との設問では。
38%が「家計の節約のため」
24%が「停電回避のため」
となっています。

今後、電気料金が確実に値上がりしていくことが、増税と同じくらい明確な路線である以上、節電による家計の節約はむしろより積極的に取り組むべきことです。
また、周囲でもよく聞く話ですが、震災後の計画停電がもたらした影響は、震災による直接被害にはもちろんかなわないにしても、震災がもたらしたいろいろな影響のひとつとして、後世までずっと記録されるべき事柄のひとつです。

次に、『電力不足が解消した場合、暮らし方は変わるか』との質問に対し、
73%が「現在の節電生活にあまり負担を感じないのでこのまま続ける」
20%が「まだ節約できることがあるので、より積極的に節電行動を実施する」
と、あわせて93%もの方が今後電力不足が解消しても節電を続ける意思を示しているのです。

これから新築・大規模リフォームをご計画の読者の方々であればチェックしておきたい、『新築時にどの程度省エネ・エコ住宅を取り入れたいか』との問いには、「多少割高になっても積極的に取り入れたい」が23%。
2009年6月の同じような質問よりも13%増加しているとのことです。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。