無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 住宅エコポイント復活!?「第3次補正予算」

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社住宅エコポイント復活!?「第3次補正予算」

住宅エコポイント復活!?「第3次補正予算」

さて、9月~10月は、国の予算編成の季節。
各省庁でも、今年~来年早々の家づくり計画に影響を及ぼす可能性が高い第3次補正予算とあわせ、各省庁における来年度概算要求の概略公表が9月から相次いでいます。

前田国土交通相は9月16日、閣議後の定例会見で7月末に終了した住宅エコポイントについて、第3次補正予算での復活に向け調整していることを明らかにしています。
住宅の新築については、原則15万ポイント(ポイント=1円相当)と従来の半額で調整。
ただし、被災地に関しては30万ポイントを維持するそうです。
省エネリフォームについては上限を30万ポイントのままで、耐震改修を実施する場合は、15万ポイントを上乗せする方針とのことです。
実施時期については、3次補正予算執行後、直ちに始めるとしています。

次に、奥田建国土交通副大臣は9月21日、長期固定金利住宅ローン「フラット35S」の金利引き下げの「継続」に向け、第3次補正予算での資金確保に向けた適用範囲を絞り込むなどして、「継続」に向けて調整していることを明らかにしています。

9月21日には、環境省が2012年度予算の概算要求に向けた再生可能エネルギーの導入や節電の推進に向けた予算を拡充する方針を公表しています。節電リフォームや蓄電池の導入を進める事業などを創設するための費用を要求するとのことです。具体的には、節電リフォーム推進エコポイント事業として約44億円、再生可能エネルギーの出力安定化のために蓄電池の導入を進める事業として約20億円、HEMS(家庭用エネルギー管理システム)を利用してCO2削減を進める事業として、約3億円などを新設事業として要求することを検討しています。

このほかにも、地方自治体による再生可能エネルギー導入を推進するため地域グリーンニューディール基金の拡充として約230億円の積み増しを求める方針とのことです。

9月22日には、経済産業省は2012年度予算の概算要求で再生可能エネルギーの導入や省エネルギー化を進めるとともに、スマートコミュニティの実現に向けた予算を要求していく方針を発表しています。住宅・建築物のゼロエネルギー化を進める事業や、自家発電設備導入補助金の創設を求めるとのことです。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。