無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. 何社からプランの提案を受けるべきか

住宅関連記事・ノウハウ

住宅コンサルタント 草野芳史 株式会社住宅相談センター何社からプランの提案を受けるべきか

何社からプランの提案を受けるべきか

「住宅会社を選ぶ時、何社に声をかければよいの?」とよく聞かれます。

まれに1社としか話しをしないという方もいますが、あまりお勧めできません。
契約時は相思相愛でも、長い家づくりの途中でトラブルが起きたとき、
他社と比較検討していないと「本当にこの会社でよかったのだろうか?」
という迷いが生まれることがあるからです。

かといって、数が多ければ良いワケでもありません。
いまはインターネットで手軽に情報収集できるので、その気になれば
何十社と声をかけることも出来ますが、そうすると打合わせだけで大変なうえに、
おざなりなプランや見積しか提案されず、労力だけかかって
何も決められないということになりかねません。

そこで、じっくり住宅会社と打合せし、よい提案を受け、納得いくまで
比較検討するためにお勧めしたいのが、
まずはハウスメーカー・工務店・建築家の中から「業態」を一つに絞り、

では、2社にするのか3社にするのか?
実は、その1社の違いが大きな違いになります。
要望や判断基準がはっきりしていたり、時間に余裕が無い場合は2社でも良いでしょうが、
実際には2者択一だと意外と判断しにくいモノ。
通常は3社から提案を受けることをお勧めします。

その3社の選び方のコツは「3社の中に敢えて他と少し毛色の違う会社を入れる」こと。
例えば、高気密・高断熱にこだわる場合、外断熱の会社2社にプラスして、
発泡吹付け断熱で高気密・高断熱な住宅をつくっている会社を入れたり、
RC打放しのようなモダンなデザインが得意な建築家2人に対し、
木を活かしたナチュラルな作風の建築家をプラスする等。

同じような会社ばかりだと、似た提案ばかり集まってしまいがちですが、
違う視点の提案を見ることで、施主の視野が広がり、家づくりの可能性も広がるからです。

なお、2社にせよ3社にせよ、提案を受ける住宅会社を選ぶ際は、
どのような点に期待するのかハッキリ意識すると良いでしょう。
でも、そこまで住宅会社のことがよく分からないという方は、
住宅相談センター(外部リンク:住宅相談センター)までお気軽にご相談くださいませ。

関連記事

住宅コンサルタント 草野芳史住宅コンサルタント 草野芳史

住宅コンサルタント 
草野芳史
株式会社住宅相談センター

都市計画コンサルティング会社にて街づくりや都市計画、建築行政に関わった後、中部電力グループの家づくりコンサルティング会社(株) リブネットにて住宅コンサルタントとして活動。平成21年4月、(株)リブネット・プラス設立に参画、取締役に就任。
要望や家づくり計画の取りまとめや、信頼できる建築会社のご紹介など、情報提供や円滑なコミュニケーションによって、安心・納得・満足の家づくりをナビゲートしている。
宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザー。