無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 秋の夜長を楽しむ 愛を育む照明

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 秋の夜長を楽しむ 愛を育む照明

秋の夜長を楽しむ 愛を育む照明

大震災以来もあちこちで地震の揺れが人々を驚かしています。阪神淡路大地震でのあの直下型の揺れや、中越地震などの恐怖もいまだ冷めやらぬ間に、今回の大震災では経験したこともないような大きな揺れに増して凄惨な津波の被害、さらには原発事故と三重苦となり、電気や電燈さらには電話のありがたさを東日本に留まらず全国の人が改めて知ったのです。

そうした私たちの快適な生活はあの発明王トーマス・アルバ・エジソンのお陰と言っても過言ではないのです。電話や電池、そして蓄音機や映写機へと今ある暮らしの快適性やエンターテインメントの元はすべてエジソンが発明したとも言えるのです。その中でも特に電燈の発明は、たいまつ、ろうそく、カンテラ、さらにガス燈などと火を焚いて闇を照らしていた生活が、突如明るい夜となって、人類の生活は飛躍的に変わったのです。

その明るい安定した光を放つ電灯を完成させたのが1879年(明治12年)の10月21日。今から132年前の、まさしく「灯火親しむ候」のことでした。しかもその大発明の電燈が、奇しくも日本産の竹を焼いて作った炭素繊維を光源としたことが成功のきっかけとなったと言うのは案外知られていない事実なのです。この人類にとっての大発明にちなんで、日本電気協会と日本電球工業会が「あかりの日」を制定(1981年)したのです。

しかし夜があまり明る過ぎるのも風情がないものです。夜は暗いことが当たり前で欧米人は今でも煌々と電燈を着けず、ホテルなどでは日本人にとっては暗く新聞も読めず暮らしにくささえ感じるのです。人類は今さら古代の暗い夜の生活に逆戻りはできませんが、時には電灯を消してろうそくの灯りや月夜のあかりで夜の“暗さを楽しむ”など、普段にはない幻想的な生活体験をすることも必要です。

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表