無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. お風呂が恋しい季節、バス・トイレのリフォーム

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 お風呂が恋しい季節、バス・トイレのリフォーム

お風呂が恋しい季節、バス・トイレのリフォーム

 秋の夜長に恋しいのはお湯です。
私たち日本人は湯船に浸かってゆったりすることが至福の境地です。その中に反省あり、新しい発想ありで、ときに人生を変えることさえあるのです。

 しかし最近はすべての生活が合理化され、顔を洗うのが洗面器なら、身体を洗うのが浴槽ならぬ“洗体器”?で、朝シャンの現代っ子にとっては湯船どころか洗濯パンならぬシャワーパンで十分なのでしょう。
確かに若い人たちにとってはスピードがすべての時代はそうなのかもしれません。が、一日の区切りもなく働き詰めで、一週間もあっと言う間に過ぎてしまいます。
これでは人生をやり過ごしてしまいそうです。気が付いたら定年退職で、さあゆっくりと人生を謳歌しようと思ったら…、老いて自力でゆったりと湯船にも入れず、トイレにも介護人なしでは行けない。

 風呂好きの私自身、もしそうなったら、自身で風呂にでも入れなくなったら…と考えると居ても立っても居られないのです。実際に介護老人ホームや病院などの設計で障害のある人や足腰の弱い老人が車いすから便器にも乗り移れず、まして入浴もバスタブに入れず、入ることはできても自力で出ることもできない現実を見ていますと息が詰まる想いとなるのです。これからの暮らしのサニタリーはそれでいいのでしょうか?

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表