無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 省エネリフォームと住宅エコポイント復活 意識調査

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社省エネリフォームと住宅エコポイント復活 意識調査

省エネリフォームと住宅エコポイント復活 意識調査

 住宅設備機器・建材の総合メーカーである株式会社LIXILでは、省エネリフォームと
住宅エコポイント復活に関する意識調査を実施しました。

 株式会社LIXIL 2011年11月2日
 【省エネリフォームと住宅エコポイント“復活”に関する意識調査】(外部リンク:株式会社LIXIL)

 調査はインターネットで10月13~17日(住宅エコポイント再開の閣議決定前)に行い、全国の517人が回答。
設問中での省エネリフォームは節電、節水、太陽光発電システムの設置をはじめとする
創エネのためのリフォームを指しています。

 検討している省エネリフォーム(複数回答)は「窓の断熱改修」「外壁、屋根・天井か
床の断熱改修」「節水トイレの設置」が他を引き離して上位に。
中でも「窓の断熱改修」は48.9%にのぼっています。

 省エネリフォームを考えている理由を1つ選ぶ設問に対しては「光熱費を節約するため」
の回答が45.3%と最も多く「住まいの快適性を高めるため」の37.3%を上回りました。
省エネ効果については全体平均で光熱費の22.2%が減少を望んでおり、中でも
「太陽光発電システムの設置」では31.0%削減、「太陽熱利用システムの設置」30.6%削減と、
自然エネルギーを活用した光熱費削減への期待度が高いようです。

 省エネリフォームに対する意識は、被災地と中部エリアでは6割以上が高い意識を。
今夏の家庭内節電の設問では、関東、中部では約95%が「節電した」と回答。
中部から西に行くほど節電した割合が小さくなっていく傾向があり、東日本大震災や
原発問題が節電行動に影響を与えたことがうかがえるそうです。
節電している中での暮らしについてみると、節電前に比べて「つらかった」という回答が
36%あったそうですが、約半数の方は「変わらなかった」と回答しています。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。