無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 【耐震補強・匠の知恵】第一章・木を活かしてこその木造建築

住宅関連記事・ノウハウ

耐震補強研究所株式会社 代表取締役 大津 紀一 【耐震補強・匠の知恵】第一章・木を活かしてこその木造建築

【耐震補強・匠の知恵】第一章・木を活かしてこその木造建築

 木造建築の施工一筋35年の筋金入り経営者(大津紀一)があえて建築現場のタプーを破って書く。

 読者のみなさまは木造建築と聞いてどんな建物を思い浮かべるでしょうか?
わが家を思い浮かべる人は、いったいどのくらいいらっしゃるでしょうか?
マンションなど鉄筋コンクリート造りの住まいに暮らしている方は、生まれ育った田舎の家を思い出すかもしれません。 あるいは、古い民家やお寺、神社のような伝統的な日本家屋のたたずまいを思い浮かべる方もいるでしょう。
 木造建築の魅力はなんといっても素材である木の魅力にあります。その弾力性、そして固さ。木目の美しさ、なめらかな手ざわり。そうした性質は、なにより木が生きているということの証なのです。

 たとえば木材に釘を一本打つにも、どこでもいいからやみくもに打てばいいというものではありません。 木は生きていますから、釘を打つところ、のこぎりを入れるところ、かんなで削るところ、それぞれ場所で答えるのです。固い木、柔らかい木、それぞれの木によってそれは違います。

 木が駄目といっているところに釘を打ち込んだら、拒否反応を起こし、釘は曲がり木は割れてしまいます。逆に釘が打ち込めないような固い木でも、その木の性質をよく理解したうえで打ってやると、きれてに釘が入っていくのです。

 私は幸いにも、木を選ぶところから修行させてもらったから、木と話ができるのです。だまっていても木は話しかけてきます。それを聞き取るのが大工の腕だと思います。

耐震補強研究所株式会社 代表取締役 大津 紀一耐震補強研究所株式会社 代表取締役 大津 紀一

耐震補強研究所株式会社 代表取締役 
大津 紀一

耐震補強研究所株式会社

 大工上がりの工務店経営者、耐震補強研究所株式会社の大津と申します。
 木造建築の世界は封建的で進歩も変化もないまま、親方の指導の元で修行しています。木造建築の施工一筋35年の筋金入り工務店経営者である私が、35年にわたる経験のなかから感じた疑問を解決するため、地震による倒壊を防ぐ金物《耐震補強三角火打金物》と、国土交通大臣認定、(財)日本建築防災協会・住宅等防災技術評価を取得、特許取得(特許第3569893号、特許第3673868号)を経て、木造住宅の耐震性を高める工法《耐震セイフティ工法》を完成させました。
 《耐震セイフティ工法》が、木造建築物にお住まいの方々の安全と財産を守ります。