無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 【耐震補強・匠の知恵】第二章・住宅の強度を支えているのは構造です

住宅関連記事・ノウハウ

耐震補強研究所株式会社 代表取締役 大津 紀一 【耐震補強・匠の知恵】第二章・住宅の強度を支えているのは構造です

【耐震補強・匠の知恵】第二章・住宅の強度を支えているのは構造です

 木造建築は天然木材を組み合わせる伝統的な技術のなかで造られています。
しかし、地震による強度対策は弱点が多く、未解決のまま見過ごされているのが現状です。

 住宅の強度を支えているのは構造です。
耐震性を守るには各部材の一体化を図らなければなりません。しかし、既存の木造住宅は長い年月の間、木材が乾燥し、さらに台風や地震などの揺れで、継ぎ手や仕口の接合部がゆるみ、取り付けた筋交いや火打ちの強度は弱くなり、強い地震に耐えることが出来ないかもしれません。 いつ起きるか分からない強い地震に備え、確かな工法、確かな業者を選び、耐震補強をお薦めします。

 では、木造建築というものはそもそもどんな構造になっているのか。どんな補強剤が用いられているのか、そして、それはどんなふうに施工されているのか。なるべく具体的に述べていきましょう。
 一軒の家を建てるには、まずコンクリートを打ち込んで基礎を造ります。その基礎の上に土台が乗ります。土台となる木材と基礎はアンカーボルトで留めます。
 一般的な二階建ての場合を考えみましょう。土台ができれば、いよいよ柱を建てていきます。柱には、管柱と通し柱があります。

 管柱とは、土台から1階横架材(胴差しとも呼ぶ)まで、そして1階横架材から2階横架材・桁まで建てる柱をいいます。
 通し柱は、土台から2階横架材・桁まで建てる柱で、家全体を支える大事な柱です。
土台の上に建てられた柱の上に掛けわたすのが横架材であり、梁です。
横架材と梁が掛けわたされ、1階の骨組みが出来ると、その上に2階の柱を建てて同じように横架材・桁(小屋とも呼ぶ)を架けわたします。

 あとはさらにその上に屋根を乗せる部材を組み上げていきます。桁から屋根の傾きにあわせて長短の束を立て、その上に母屋という部材を架けわたして屋根を支えます。何本かの母屋のなかで、屋根のいちばん上に掛けわたされるものを棟と呼びます。棟上げというのは、この棟となる木材を上げるという意味です。
最後に棟を上げることで一軒の家の骨組みができるわけです。

 以上、土台、柱、横架材、梁、柱、桁、束、母屋、棟など家の骨組みを造る部材を総称して構造材といいます。
そして、これら構造材を組み上げてできる木造建築の家を強い地震の揺れによる倒壊から守る代表的に補強材が筋交いと火打ちです。

耐震補強研究所株式会社 代表取締役 大津 紀一耐震補強研究所株式会社 代表取締役 大津 紀一

耐震補強研究所株式会社 代表取締役 
大津 紀一

耐震補強研究所株式会社

 大工上がりの工務店経営者、耐震補強研究所株式会社の大津と申します。
 木造建築の世界は封建的で進歩も変化もないまま、親方の指導の元で修行しています。木造建築の施工一筋35年の筋金入り工務店経営者である私が、35年にわたる経験のなかから感じた疑問を解決するため、地震による倒壊を防ぐ金物《耐震補強三角火打金物》と、国土交通大臣認定、(財)日本建築防災協会・住宅等防災技術評価を取得、特許取得(特許第3569893号、特許第3673868号)を経て、木造住宅の耐震性を高める工法《耐震セイフティ工法》を完成させました。
 《耐震セイフティ工法》が、木造建築物にお住まいの方々の安全と財産を守ります。