無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 住宅を維持費は膨大 でも、スマートに暮らしたい!

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社住宅を維持費は膨大 でも、スマートに暮らしたい!

住宅を維持費は膨大 でも、スマートに暮らしたい!

 マイホームは手に入れてからも、もちろんお金がかかるものです。
住宅ローンと税金、保険以外に大きなものは、マイホームを維持するためのメンテナンス費用は想像以上に大きなものがあるのです。

 その目安とは、どの程度なのでしょうか?
 一戸建ての場合、持ち主が取得後のメンテナンス計画を立てて実施しなければなりません。その目安金額は10年間で100万円~1,200万円程度。メンテナンスに手を抜いていると後々大がかりな補修が必要になり、修理費がかさんだり建物の寿命が縮んでしまいます。

 修繕費を積み立てるにあたってのお薦めは、繰上返済の費用とは別に銀行などに住宅専用の口座をつくって管理すること。毎月、給料から住宅専用の口座に移す際に、ローンの引き落とし額より数千円から1万円程度を余分に口座にいれておくようにするのです。

すると、少しづつ余剰金が貯まり無理なく修繕費用を用意することができます。

 では、その余剰金を無理なく捻出できるおすすめ方法とは?

  おすすめ方法は、月々の光熱費を下げること。

 太陽光発電システムや太陽熱給湯システムを導入することで、努力すれば月々の光熱費をいままでの半分近くまで下げることが十分に可能です。なんと、同じようなことを考えている方は、現在では約6世帯に1世帯の割合。

 住宅金融支援機構が昨年11月に実施した、住宅取得にかかる消費実態調査(平成23年度「新規住宅取得者の耐久消費財購入実態調査」) の結果が公表されています。
 ここに興味深い結果があらわれています。

「太陽熱温水器・太陽光発電システム」の購入世帯比率は10.5%にのぼり、2003年の前回調査時(1.3%)と比べ、約8倍に拡大していることがわかりました。
 特に新築戸建の方は、約6世帯に1世帯の割合(17.5%)で太陽光発電システムを購入。
 購入世帯あたりの平均購入額は、太陽光発電システムが177万3100円、太陽熱温水器は26万5100円になったそうです。

 確かに、太陽光発電システムや太陽熱温水器は決して安い買い物ではありませんが、発電システムや温水器を導入するコストを何年で回収する、という視点だけではなく、無理なく節電・省エネできる発電システムや設備機器を導入して、節電・省エネに意識した暮らしをしながら、浮かせたお金を将来の住宅メンテナンスにあてる。

こんな、スマート(賢い)な暮らし方もあるのです。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。