無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 大震災と津波に勝つ家と街にするために

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 大震災と津波に勝つ家と街にするために

大震災と津波に勝つ家と街にするために

 被災地の人々には長く辛い1年でしたが・・・、もうあれからあの大震災から1年が過ぎ去ろうとしています。この1年で私たちに何ができたのだろ言うかと思うと悲しくなります。被災地はがれきは片づけられたものの集められただけで人々の平生の暮らしなど一体いつのことかと思うほど悲惨な有り様なのです。
 今も思うと既に40年以上が過ぎ去ったあの大阪万博であるパビリオンの設計から施工のお手伝いをしていたことを思い出します。

東日本の被災地現況
■写真:東日本の被災地現況(写真天野彰)

総力をあげれば権利の統一が必ずできる
 あのオープニングが1970年の3月15日で、まさしくプレスビューがこの3月11,12日頃で寒かったことを覚えています。しかしその一年前と言えば会場予定地は竹藪でまさしく掘り返されたばかりでした、誰もがその一年後に世界の人を呼び集めあの祭典の会場を作り上げることができるのかと不安にかられたものです。ところが実際にその年になると一斉にパビリオンが建てられ出しアクセスを始め、場内のインフラ整備が着々と整い、さらには各展示物など日本全国が、いや世界にまで力を借りて総力を挙げ、一つの目標の巨大な街が出来上がり、見事立派な開催を行うことができたのです。

 その経験と力がありながらなぜ未だにあのままなのかと、現地に赴くと目を疑うばかりです。確かにその理由はと言えば、またあの津波が来るかもしれないと言うことですが、では山の上に新天地を開発するとか、あるいは生活は海沿いでなければとか、どちらのケースにも反対者がいるなどです。

 では、阪神淡路震災の復興であの絶望と思われた壊れたマンションの建て替えの通り、今度は住人のそれぞれの希望を聞いて費用を賄えばこれもそれぞれの家庭の事情、そして資金力、さらにはこの先を考えた年齢など、土地や占有面積の権利とは違った新たな意味での“総合的な権利”が主張されて無闇に時間ばかりが過ぎ去ったのです。

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表