無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. “家づくりに必要なつきあいと儀式”について

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社“家づくりに必要なつきあいと儀式”について

“家づくりに必要なつきあいと儀式”について

 今回は、夢が叶って新居への入居、または着工が増える時期ならではの悩み事のひとつ。“家づくりに必要なつきあいと儀式”について解説します。

 家づくりにあたって大切なことは、資金計画や業者選定といった、自分たちでしっかり考えるべきことのほかに、近隣へのあいさつなど《これから隣人となる方々との関係》を良好にしておくことがあります。

 工事中はなにかと迷惑をかけますし、入居後から長いお付き合いが始まるわけです。
特に着工前と引っ越しのときは『自分たちの家』という自覚をもってあいさつに伺いましょう。そのとき持参する品物は、一般的には500円~1000円程度のタオルや菓子折がおすすめ。水引は赤・金色(又は銀色)の五本又は七本結び熨斗つき。表書きは『ご挨拶』で、贈り物を控えめに贈られる時は「内のし」、贈り物であることを強調する場合は「外のし」にします。ただし、地域によっては縁起物を持参するところもあるので、施工会社に確認してから手配するほうが間違いありません。

 建築現場では現場監督の指揮のもと、多くの職人さんが入れ替わり立ち替わり作業します。
木造軸組住宅は大工さんによる手づくりが基本ですし、ハウスメーカーでの家づくりも最終的には多くの職人さんが現場で作業をします。職人さんによって家の出来が左右される場合もあり得るので、現場に顔を出すときにはたまにお菓子や人数分の缶コーヒーなどを持参して、ねぎらいの気持ちをあらわすと、たとえ最初は迷惑そうな顔をしていても、何度か会話を重ねているうちに、人間関係ができてくるものです。
 ※現場で気になる点を見つけたときは、現場監督に話すのがマナーです。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。