無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 注文住宅・家づくり
  4. 建築業者の正しい選定の秘訣

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 小野 信一 ネクスト・アイズ株式会社建築業者の正しい選定の秘訣

<建築業者の正しい選定の秘訣>

家づくりをする上での、最大のポイントは業者の選定になるでしょう。特に工務店でするか、ハウスメーカーでするかは悩まれるところだと思いますし、デザイン重視の方などは建築家でするという選択肢もあります。

実は、家づくりのプロセス上も含め、この3者との家づくりは、大きくその内容が異なります。どう考えてもハウスメーカーでしか満足できない人が工務店に相談したり、工務店でしか納得できないような人が展示場に行って自分に適したハウスメーカーを探し続け、迷路に入り込んだり、また建築家でしか対応が難しい人が、建築家がまるで眼中になかったりします。

この3つの業者との家づくりは、明瞭に形態化できます。そのキーワードは、時間、資金、こだわりの3つです。時間とは、打合せにかけられる時間や手間のことであり、資金とは建築にかけられる費用のことであり、こだわりとは家づくりにどれだけこだわりを持っているかということです。

単純にいえば、3つのキーワードのうち時間や手間を優先したい人は、ハウスメーカーで、資金を優先したい人は工務店で、家づくりにこだわりを持ちたいことを優先したい人は建築家でやれば、ある程度は業者選定に間違いはありません。もちろん、すべてを満足したいと思う人がほとんどでしょうが、あえて3つのうちどれを最優先にしたいのかと考えて選択をすればいいのです。どうしてそうなるのかは、今度それぞれの家づくりの特徴でお話したいと思います。

しかし、私たち家づくりのプロが、3つのキーワードについて具体的にお伺いすれば、すぐにでも判断がつきますが、ここで問題を複雑にしているのが、人の相性の問題です。この人の相性の問題は本当にやっかいで、冷静な判断を狂わせます。どんなにじっくりと打合せをする時間がある人でも、また建築コストが予算的にオーバーしていたとしても、そして自分が目指す家づくりのこだわりが違った方向に行ったとしても、打合せをしている担当者次第で一変に変わってしまうのです。

業者選定における担当者との相性について、否定するつもりはありません。むしろ、家づくりをする上では非常に大切なことだと思います。しかし、相手は売り手であり、しかもプロです。しっかりと冷静に対応しなければ、自身の家づくりを惑わす要因ともなります。

関連記事

住生活コンサルタント 小野 信一住生活コンサルタント 小野 信一

住生活コンサルタント 
小野 信一
ネクスト・アイズ株式会社

『こんな私に少しでも好感をもっていただけたら、あなたのお役に立てるかもしれません。メールやお問い合わせ、是非お待ちしております。』
一般消費者への家づくり情報を発信する「ハウスネットギャラリー」を運営する一方、「欠陥住宅を造らない会」、「ちっちゃな工務店クラブ」事務局も兼務。一般消費者への住まいの相談業務は2500人以上を数えます。
その豊かな実例をもとに“家づくり必勝法”(NHK出版)を発刊。
経済産業省 住宅産業関連ニュービジネス支援策検討委員会委員。 日本FP協会会員。