無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 内観のイメージは壁・床・天井で決まる

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社内観のイメージは壁・床・天井で決まる

内観のイメージは壁・床・天井で決まる

 さて、今回は内観(インテリア)のイメージを決める要素について解説しましょう。
 内観(インテリア)のイメージを決める大きな要素は、壁・床・天井です。部屋のなかに占める面積が広い分、壁や床の印象がその部屋のインテリアイメージを決定づけます。特にLDKのテイストは、一貫して選んでいくようにしましょう。寝室や子ども部屋は、家族それぞれの好みを優先させてもいいでしょう。
 したがって、壁材・床材の選び方は、住み始めてからの家具・照明・ファブリック(カーテンやじゅうたんなど)のインテリアを想定しながら選んでいくのがポイント。

室内カラーコーディネイトの色別割合は、
メインカラー70%:サブカラー25%:アクセントカラー5%
に配分するのが基本。つまり、床や壁がメインカラーになるので、同系色のサブカラーをカーテンやソファなどに選ぶと室内配色の破綻がありません。なお、クッションや小物はメインカラーと反対の色を選ぶと、室内空間を引き締めるアクセントカラーになります。床の色は濃くなるほど高級感が増し、薄い色だと軽やかでやさしい印象になります。壁は塗り壁や腰壁にすると、重厚感があり落ち着いた印象となります。

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。