無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 3.11後のリフォームニーズは家族回帰の一方、家事意識に大きな差が(1)

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社3.11後のリフォームニーズは家族回帰の一方、家事意識に大きな差が(1)

3.11後のリフォームニーズは家族回帰の一方、家事意識に大きな差が(1)

 パナソニック エコソリューションズ社(大阪府門真市)は、東日本大震災を経験した日本人が求めるこれからの住環境、リフォームニーズについてインターネット調査を実施。この度その結果を公表しました。
調査時期は2月20~24日、対象は30~69歳の男女1,500人。
うち2年以内にリフォームを検討している方は500人とのことです。

ここに、家族会議でリフォームを検討するときのポイントが見えてきます。

 既婚男性の読者のみなさまがリフォームに踏み切るのは、使いやすくてキレイなキッチンはもちろん、快適なお風呂、きれいに使えるトイレは最優先のリフォーム検討場所。
 既婚女性のみなさまがリフォームを《おねだり》するには「おうちごはん」が効果的。

2012.3.22公開
パナソニック エコソリューションズ社 “絆”が変える住まいのカタチ調査(pdfファイルへリンク)

以下、このアンケート結果から見えてきた、これからの傾向を解説しましょう。
 この調査によると、家族と過ごすことを重視する家族回帰志向が鮮明に。震災をきっかけに、家族と自宅で過ごす時間が長期化していることが明らかとなりました。
※「1年前と比べて、家族の近くで働きたいと思うようになった」が63.5%、
 「配偶者を尊敬するようになった」が56.1%、
 「家族と自宅で過ごす時間が増えた」が58.8%

また、家族間でもお互いを思いやる意識が強くなっているだけでなく、夫婦がお互いを思いやる気持ちも強くなっているそうです。さらに、2年以内にリフォームを検討しているリフォーム意向層では、当該調査全てにおいてそう思う割合が高く、リフォーム意向層の強い家族志向や、既にリフォームを検討するなど、具体的な行動段階にあることが推測されます。
 その結果、自宅のリフォームを行う場合、全体の約4割が親や子供よりも、配偶者のことを思うリフォームが優先される結果に。ただし、男性の45%が「妻のため」と答えたのに対し、「夫のため」とした女性は約35%と、10ポイントの差が開いたことは、仕方がないことなのかもしれません。家族の絆=家族がそれぞれ思いやる気持ち、夫婦の絆=夫婦がそれぞれ思いやる気持ちが強くなった結果、たとえばキッチンでは内食(おうちごはん)の傾向が強まったことにあわせ、キッチンの汚れに対する意識が強まっていることが、データから推測されています。

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。