無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 大規模災害に備え、倍の量を購入しておき半分使ったら同じ分量を足す【ローリング・ストック】

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社大規模災害に備え、倍の量を購入しておき半分使ったら同じ分量を足す【ローリング・ストック】

大規模災害に備え、倍の量を購入しておき半分使ったら同じ分量を足す【ローリング・ストック】

 みなさまに質問です。
 「大規模災害に対する家庭での備えは、具体的にどのようなことをされていらっしゃいますか?」

 家のなかでは、まず家具の転倒防止対策や室内の落下物防止対策があります。家のまわりでの安全対策では、ベランダからの落下物防止や窓ガラスに飛散防止フィルムを貼ったり、プロパンガスボンベ・灯油貯蔵タンクの転倒防止措置、室外に設置した電気温水器やエコキュートの転倒防止措置(これらは、満水時に400kg~500kg近い重さになるだけに万全の措置が必要です)、ブロック塀や門柱の補強はもちろん、非常持出袋の用意や家族での避難場所確認、災害用伝言板・伝言ダイヤルサービスの利用体験など、実際に家族での備えを実行していらっしゃることかと存じます。

 一方、備蓄品についても、いままでは非常持出袋にしまった備蓄食料の賞味期限が切れていて使い物にならなかった経験をした方々が多かった一方、東日本大震災で備えのなかった方々でも“コメの備蓄”はしっかりあった方々が多かったことから、カセットコンロでごはんを炊いて水道や電気が回復するまで凌げたというお話もいろいろな場面でお聞きしたことから、現在の備蓄品ストックの考え方は【ローリング・ストック】という考え方が主流になりつつあります。

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。