無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 高性能な中古住宅を低価格で購入のチャンス!?

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社高性能な中古住宅を低価格で購入のチャンス!?

高性能な中古住宅を低価格で購入のチャンス!?

 このリフォームローンは全国的な普及にあたり、いくつかの課題もあります。

 良質な中古住宅とリフォームを望んでいる買い手(住まい手)と、現在の主要な中古住宅流通市場における売り手側の論理で、いくつかのミスマッチ状態があるのです。

 結果として、『フラット35リフォームパック』のような中古住宅+買い手(住まい手)が望む理想のリフォーム計画とは異なる、売主主導のリフォームが主な選択肢になったり売主側が、あらかじめ購入物件及びリフォームプランを決定する手間(時間)を惜しみ、中古物件の売買そのものが成立しない(=中古住宅の購入ができない)可能性もあります。

 さらに、厳密にはデメリットではないですが【フラット35】とフラット35パッケージという2種類のローンを申し込みする必要があるため、借入れに係る諸費用及び手続等がそれぞれのローンで必要となったり、この制度を使ったリフォーム工事では必須条件の「リフォーム瑕疵保険」検査に要する手数料が『フラット35リフォームパック』制度を利用しない場合と比べて割高となる場合もありえます。

 制度がスタートしたばかりなので、まだ取り扱いが少ないですが、中古住宅の買い手(=住まい手)の立場で考えると、リフォームによって最新の新築住宅とほぼ同じような住宅を新築より低価格で購入、かつ新築での住宅ローン融資とかなり近い条件で中古住宅ローンとリフォームローンが組める『フラット35リフォームパック』や、それに類した各種の中古住宅+リフォームローンの組み合わせは、住宅+リフォームの価格面だけを考えても、中古住宅の物件次第によっては上記で述べたデメリットを上回るメリットを享受できるサービスともいえます。

 もともと、低価格・安価・安いマイホーム(一戸建て、マンション)に対するニーズは強いもの。
 高性能な新築エコ住宅と同じような住宅性能を持つ、中古住宅をリフォームした住宅。購入の足かせが、大規模なリフォームにかかる自己資金を用意できないことが大半だとすれば、今後の金融機関や各種の購入支援サービスの充実によって普及に向けて大きく動き出す可能性も秘めています。

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。