無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 住宅の買い時!?住宅ローン金利が低水準

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社住宅の買い時!?住宅ローン金利が低水準

住宅の買い時!?住宅ローン金利が低水準

 東日本大震災後は、明らかに耐震・耐久性や省エネ性を重視する傾向に。
 住宅の価格・費用に対する住宅取得意識は、東日本大震災後でも57.7%(複数回答可)と過半数を占めておりますが、その割合は東日本大震災前と比較して18.6%も低下。重視する点に住宅の耐震性能を挙げられた方は、東日本大震災後は56.3%と急上昇しています。(東日本大震災前差+36.8%)

 同様に、立地(災害などに対する安全性)を挙げられた方は、東日本大震災後で30.7%(東日本大震災前差+15.1%)次に、耐久性(東日本大震災後25.6%
 東日本大震災前差+9.0%)、省エネ性能(東日本大震災後22.8% 東日本大震災前差+7.7%)と続きます。

 逆に震災前後で大きく変わったのが、間取り(東日本大震災前差-14.6%)、住宅の広さ(東日本大震災前差-9.4%)、デザイン(東日本大震災前差-8.6%)の3項目。

 また、住宅の買い時意識について大きな変化が表れています。

 これから1年程度が住宅の買い時だとお考えの方々が、52.7%と半数以上に。
 理由としては最も多いのが【住宅ローン金利が低水準だから】。
 全体の81.6%(複数回答可)の方が、上記の理由を挙げられています。

 前回調査と比較し、わずかながら伸びているのが【税制のメリットが大きいから】。
 40.2%(前回差+2.1%)と、住宅ローン減税などの税制メリットへの理解が着実に拡がっていることがわかります。

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。