無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 楽しい「間取りゲーム」プランニングの手法

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 楽しい「間取りゲーム」プランニングの手法

楽しい「間取りゲーム」プランニングの手法

 「住まいは三度建てないと自分のものにならない!」とはよく言われたものです。しかし家を三度も建てていれば“自分のものになる”どころか破産です!

 私は長年家のプランづくりのお手伝いをしていて思うことは家づくりで人々が少しタイトになっているのでは?と懸念することが多いのです。これは最後の家づくりとでも思われるのか、プランづくりの深みにどんどんはまって身動きならない間取りの家になってしまうことが多いのです。ここで少し肩の力を抜いてプランづくりを楽しむことを考えてみましょう。

 「間取り」のことを最近は「プランニング」とも言うようですが、「間取り」と「プランニング」とは違うのです。
「間取り」とはまさしくあの方眼紙に部屋すなわち「間」を嵌め込んで並べて行くことなのです。
 まさしく間(部屋)を取ることです。
 それに対して「プランニング」とは敷地の中におおよその家の「間」すなわち空間を取ってその中に生活をはめ込むことです。
 そうです。家族が生きていくための「場」をつくることなのです。
 その意味では「間」は大きな空間であってもその中で自由に暮らせる「場」あればよいとも言えます。

 言い換えればプランニングとは「場取り」とも言えるのです。家族の場とは家族の一人一人がそれぞれ暮らし、時には一緒になる・・・そんな自由な「場」すなわち空間をつくることが重要なのです。その意味では間仕切りすなわち壁は必要ないのです。これこそが創始以来の人の家だったはずです。

創始以来の家の原点
■イラスト:創始以来の家の原点(画:天野彰 )

 ちょっと難しくなりますが・・・、これも肩肘張らずに考えてみてください。
欧米では「空間」のことをspaceと言い、そのspaceの意味にも、placeすなわち「場」と、roomすなわち「部屋」の意味があり、いずれも壁などでしっかり囲われた壁の家の意味が強いのです。その反対にわが国にもともと在った「間」とは、屋敷などの「○○の間」のような部屋を意味する間もありましたが、家の間取りなどでは構造である柱と柱の間、すなわち構造的、美的なバランス取りの意味があり、それは同時に人と人との「間」や時と時の時間の「間」、さらには話しや音頭取りの「間」の意味もあって。壁に囲われた部屋の意味よりも「あいだ」が重要なのです。この「間」を覆う屋根、すなわち「傘の家」なのです。この空間こそ家の内外に広がる、わが国固有のユニバーサルスペースなのです。

壁の家と傘の家
■イラスト:壁の家と傘の家(画:天野彰 )

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表