無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 6畳の子ども部屋を3畳に縮める予算“0”のリフォーム?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 6畳の子ども部屋を3畳に縮める予算“0”のリフォーム?

6畳の子ども部屋を3畳に縮める予算“0”のリフォーム?

 そこで「子ども部屋=勉強部屋」の錯覚を捨て、狭苦しい2LDKの間取りの壁を“溶かし” て、しかも「透明な子ども部屋」にするのです。

 そもそも壁を溶かす?とはいったいどういうことなのでしょう?
 実は2LDKなどの狭い住まいのリフォームでは私がよくやる手法の1つなのですが、部屋の間仕切りを“壁であって壁でない?”ものに変えるのです。ますます謎めいてきましたが、その通りでこの手法を私は“ソフト間仕切り”そう、“ソフト壁”と称しているのです。これを2LDKなどの子ども部屋に応用するのです。

 そこでまずは6畳の子ども部屋の真ん中にタンス2本置いて2つに区切ってベランダ側を3畳の子ども部屋(コーナー?)にし、残りの3畳を“納戸”のようにするのです。
 これで親子そろって3畳ずつと公平になり、しかも寝室にはタンスもなくなり広くなります。狭い2LDKも物が皆“納戸”に収まって広々とし、子どもはこの操縦席のような狭い部屋で落ち着き大喜びです。

 このリフォーム、間仕切り壁は部屋を壊すことなく家具を置くだけでできるのです。まさに予算“0”の「ソフト壁」のリフォームです。しかもこの壁、引っ越しの際はタンスを片付けるだけでよいのです。

タンスで仕切ってコクピットのような子ども部屋
■イラスト2:タンスで仕切ってコクピットのような子ども部屋(画:天野彰)

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表