無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 住宅・リフォームのトレンド
  4. 年末大掃除 ~新居では片付け掃除のしやすさに配慮

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社年末大掃除 ~新居では片付け掃除のしやすさに配慮

年末大掃除 ~新居では片付け掃除のしやすさに配慮

 ■2011年末に大掃除をした割合は約7割  3割は忙しさから実施せず
 今年(2012年)の年末の大掃除の予定については83%の方が「実施する予定」とのことですが、裏を返せば大掃除を予定していても忙しくて実施できない方が1割程度いらっしゃることがうかがえます。

 ■ 不満の1位は「時間がかかる」 働く女性ほど短時間で
 最大の不満は「時間がかかる」(72%)。
 大掃除に費やした日数でもっとも多い回答は「3日~1週間(32%))」でした。仕事を持つ女性と専業主婦/無職の女性で比較すると、仕事を持つ女性は、より短時間で大掃除を済ませる傾向があるそうです。

 ■ キッチン周辺や排水溝が大掃除のメイン
 大掃除で特に力を入れて掃除をする場所は「換気扇」「シンク・ガスコンロ」「風呂場や洗面所の排水溝などの水周り」が上位。いずれも、普段使っていて、油などのガンコな汚れがたまりやすい場所。多くの時間がかかる原因として、上記の場所の汚れは意外に頑固。よって、掃除に時間と手間がかかっていることが考えられます。
 大掃除をしたと回答した方で、もっとも掃除している場所は【窓・網戸】(58%)ですが、ほぼ同じ割合で【換気扇】【シンク・ガスコンロ】【排水溝などの水周り】と続きます。

 アンケート回答のうち、男性が4割を切っていること、3割が忙しさから年末大掃除を行っていないことを考えると、家事のできない方(男性)ほど特に年末の忙しいときにパートナーの不満が溜まっていくことが、容易に推測できます。

 片付けや掃除のしやすい収納・導線をはじめ、お手入れしやすい設備機器、結露しにくい窓まわりなど、将来の年末大掃除でパートナーに負担がかからないことをポイントに建材や設備機器を選んでいくことも大切ですね。

 ショールームや設計担当に聞いてみると、いろいろな工夫やヒントが満載ですよ。

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。