無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 風水
  4. 風水と建築の正しい考え方

住宅関連記事・ノウハウ

風水鑑定士 仙波甚一 風水鑑定.com風水と建築の正しい考え方

<風水と建築の正しい考え方>

「あなたは、風水と聞いてどのようなイメージを持たれますか?」
『占い・運気・色・方位学・鬼門・気の流れ・・・』など、様々なイメージをみなさんはお持ちと思いますが、私がお勧めしている風水はちょっと違います。

私の風水のイメージを簡単に説明すると『あなた自信が心地よく生活できる環境創り』と考えています。

実は私自身も『この方位に窓があっては駄目・この方位に玄関を置いては駄目』と、鑑定される方の気持ちを考えず、風水学の定義に合わせてアドバイスをしていた時期がありました。 しかし、鑑定が終ったあとのお客様の背中を見てこれで良いのかと疑問を持ちました。

■どうすれば、お客様がワクワクしてもらえるのか?
■楽しんで家(間取り)探しができるのか?
さまざまな視点で試行錯誤しているうちに今の風水にたどり着きました。

多くの方は、間取りを考える際、鬼門、張り欠け、水廻りといったネガティブな部分に目を向けてしまいます。 私はこのネガティブな部分に目を向けている風水を『不幸になる風水』とよんでいます。 マイナス面を改善してもワクワク感を感じることは出来ませんよね。

私の風水は、悪い部分に目を向けるのではなく、生活に関連した部分に目を向け『さらに良くするにはどうすれば良いか?』といったポジティブな思考で間取りを考える『幸せになる風水』を多くの方に知って頂きたいと思っています。

関連記事

風水鑑定士 仙波甚一風水鑑定士 仙波甚一

風水鑑定士 
仙波甚一
風水鑑定.com

“楽しくなくちゃ風水じゃない”と語る、一級建築士の資格も持った風水鑑定士。
 『風水は、楽しくなくちゃ!家を鑑定して、ここが悪い、あそこが悪いなんて言われたら、鑑定してもらっている側はいい気持ちではないですよね。私は“良いところをもっと伸ばす風水”を皆さまにお話ししています。他の風水を鵜呑みにし、不安にさせられた相談者の方も多く相談にいらっしゃいます。いつもお話しするのですが、すべてを鵜呑みにする必要はないんですよ。それよりも、ネガティブに考えるのではなく、もっとポジティブな発想に転換し、自分の心の環境をあげるほうがもっと大切なことなんです。』「こうしたらどうでしょうか」というぐあいに、もっとよくなるように提案しています。