無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. インテリア
  4. これからは「マルチクッキング」時代~ドイツに学ぶインテリアキッチン

住宅関連記事・ノウハウ

住生活情報マガジン 余はく これからは「マルチクッキング」時代~ドイツに学ぶインテリアキッチン

これからは「マルチクッキング」時代~ドイツに学ぶインテリアキッチン

 ドイツでは、石材や木材もよく使われます。インテリアとの調和を含めて、魅力ある素材です。実際、私の自宅(本間美紀さん)のキッチンはチークの天板を使っています。お手入れさえきちんとやれば実用上問題はありません。お手入れといっても、濡れたらすぐに拭くとか、たまにオリーブオイルを塗る程度です。

 もちろん、日本のキッチンの優れた点もあります。シンクや水栓などのパーツです。最近の製品でとてもいいと思ったのが、TOTOの「クラッソ」です。これは3度の傾斜がついて水が流れやすい形状のシンクと、水を広範囲にいき渡らせる水栓を開発しています。

ムク材で収納をつくったオーダーキッチン
■写真4:TOTO「クラッソ」に取り付けたれた「すべり台シンク」。
水がゴミと一緒に排水溝に滑り流れるので、きれいなシンクを維持できる。出た水が広がり少量の水で幅広く洗える「水ほうき水洗」を備える。

 あとは熱源です。IHクッキングヒーター(以下、IH)は節電できるように進化しています。コイルが分割されていて、必要なコイルのみ加熱するのです。小さな鍋などを使うときに熱の無駄がありません。ガスコンロもゴトクの形状や、トップの素材を工夫し清掃性はIHと同等ですし、こちらも世界的にみて製品レベルは高いと思います。

 このようにコンロに関しては、電気がいいともガスがいいともいえなくなっています。フライヤーやバーベキューグリルなど、目的に合わせて電気・ガスの調理器具を組み合わせる考え方です。

ムク材で収納をつくったオーダーキッチン
■写真5:ドイツ・ミレー社のマルチクッキングシステム。二口IH、フライヤーやバーベキューグリルなどを選んで組み合わせられる。

取材協力/キッチンジャーナリスト 本間 美紀
取材・文/大菅 力
撮影/今井 義朗
協力/設計施工・有吉住宅

住宅情報マガジン『余はくvol.15 春夏号』 P8~P11(2012.4.20発行)

関連記事

住生活情報マガジン 余はく住生活情報マガジン 余はく

住生活情報マガジン 
余はく

大人のライフスタイルにちょっぴり魔法のアクセントをー
余白は、余っているんじゃないんです。残しておいたのです。
暮らしのこと…、住まいのこと…、趣味のこと…、余白を使う時は、ちょっと特別なんです。そんな、<余はく>を粋に演出できる大人のための住生活情報マガジンです。