無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. キッチンを楽しむ!

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 キッチンを楽しむ!

キッチンを楽しむ!

 毎年新しい年を迎えてうれしいことは、昨年のいやなことがリセットされたり、仕事が途中であってもとりあえずの区切りとなるなど、よき年に期待できそうな気分になれることです。
 新年が始まってなんとなくだれて来たころ今度は節分があります。まさに立春を前にしての季節の節目で改めて新しい春の幕開けと言うことでしょう。

  「鬼は~外!福は~内!」

 などと家族全員で大きな声を張り上げて息を吐き、本当に鬼か魔物がいるかのような気分となって見えない敵?に戦慄を持って豆をぶつけて追い出すような気分となるのです。
 面白いことにほとんどの人がなぜかリビングダイニングのそれもキッチンの奥から玄関に向けて鬼を追い出そうとするのです。そして福はまさに玄関から「福は内!」と迎え入れようとするのです。

 なるほど、昔から家の縁起は空気がよどみやすい「台所」と外界に広がる「玄関」がもっとも重要な部分であることが改めて分かるのです。これは家相でも言えることで、鬼門をはじめ凶方となるのはこの台所と玄関に多いことからもいかに重要なことかがよく分かります。そのためにもこの台所と玄関は住まいの中で方角の良いところを選ぶのです。

 こうした節分や彼岸などの季節感さらに日常行事の中からも多くの生活の中に住まいの間取りに関する縁起が多いのです。そしてあまり気にしない人も何か事件や災いが起こると急に弱気となって突如方位や家相を気にするのです。
 そしてこうした災いを除き厄を払うとたちまち元気になりその表情はもとより健康まで取り戻すから不思議です。

家相盤
■イラスト1:家相盤(画:天野彰 )

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中! お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表