無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 風呂場コミュニティの場~わが国は風呂敷文化の家?風呂を楽しむ!

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 風呂場コミュニティの場~わが国は風呂敷文化の家?風呂を楽しむ!

風呂場コミュニティの場~わが国は風呂敷文化の家?風呂を楽しむ!

 風呂敷はまさに現代の使い捨てレジ袋や不要なパッケージを無くすエコの原点の旗頭ともなっているのです。その包み方もいろいろあってそのむすび方も日本の驚くべき文化ともなっているのです。

 風呂敷の包み方の動画サイト

 実はこの風呂敷文化の思想は、ただ物を自在に包むだけではなく物や人の付き合いを大切にしようとする自然との係わりの、より深いエコの意識で、ものを布で丁寧に包むことは汚れはもちろん、穢れ(けがれ)からも守る意味があり、袱紗(ふくさ)や風呂敷で包むことは渡す相手をも大切にする気持ちを表します。このことは古来家づくりでも大黒柱や床柱などをさらしに巻いて完成まで丁寧に養生するなど大いに大切にされて来たことです。

 まさに「テルマエロマエ」ではありませんが、古代ローマの浴場とわが国の銭湯の歴史もただ湯に浸かるだけではなく、そこで身なりをつくろい清めるばかりか、怪我や疾患の湯治もし、人々と交流する場、まさしくコミュニティの場でもあったのです。

  『風呂は家の中の最大の愉しみ!~わが国は風呂敷文化の家?風呂を楽しむ!』へつづく
 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表