無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. ライフプラン
  4. エンディングノートの決定版!『マイライフノート』Vol.17「使用(居住)、収益(賃貸)、処分(売却)のポートフォリオ(資産目録)として」

住宅関連記事・ノウハウ

行政書士 後藤 貴仁 エンディングノートの決定版!『マイライフノート』Vol.17「使用(居住)、収益(賃貸)、処分(売却)のポートフォリオ(資産目録)として」

エンディングノートの決定版!『マイライフノート』Vol.17「使用(居住)、収益(賃貸)、処分(売却)のポートフォリオ(資産目録)として」

 ■【大人買いがお得!ハウスネットギャラリー限定の就職、入学、新生活応援フェア!】
 ■ 大切な人へのプレゼントに!5冊まとめ買いの場合、2,500円お得な5,000円にて!
 ■ ご好評につき期間延長!5月6日申込分までの限定企画です。
 お申込み方法は末尾をご覧ください。

 今回は資産カテゴリーの不動産ページをご紹介します。
 資産の中でも最も高価なものが不動産ではないでしょうか。一般的な居住用不動産だけを所有している方の備忘録としてのみならず、複数の不動産をお持ちの方にも、このページを記入することによりそれぞれの不動産の特徴が把握できて、以下3点のような様々な機会に恵まれることと思われます。

 1.使用(居住)、収益(賃貸)、処分(売却)といった資産の切り分けの材料となる
 2.稼働中資産、未稼働資産、不稼働資産などのポートフォリオ(資産目録)として
 3.誰にどの不動産を相続させるのかを、他の資産を交えて検討する機会となる

居住・賃貸・売却 所有不動産を整理しましょう。
 ■所有不動産の整理をはじめませんか。
 写真素材出典:http://tman.sblo.jp/article/1850519.html(外部サイト)

 不動産を購入した時だけでなく、相続や贈与などによって権利内容に変更があった時には正確な不動産情報を登記しておく必要があります。
 登記は義務ではありませんが、登記をしておかないと、第三者に対して自らがその所有者であることを主張することができません。紛争防止のためにも迅速かつ適正なる登記をお勧めします。

 大切な資産である不動産の所有者が誰であるのか、またどのような状況、例えば担保がついているのかどうなのか、などを確認するためにも、登記識別情報(権利証)と登記事項証明書(謄本)とを照合して、この「不動産」のページに記入しましょう。

 相続により取得した不動産については、いまだに名義だけは被相続人(亡くなった人)のままになっているケースも少なくありませんので、この機会にもう一度登記内容の確認をしておくのもよいでしょう。

 話は変わりますが、備考欄には不動産評価額を記入しておくのもよいでしょう。
 築いてきた資産を一度見直すよい機会にしてはどうでしょうか。

 エンディングノートの決定版!『マイライフノート』  あなたの「いつも」と「もしも」のために。

  エンディングノートの決定版!『マイライフノート』あなたの「いつも」と「もしも」のために。

  クロスリアルティコンサルタンツグループ
 「エンディングノートの決定版! 『マイライフノート』 あなたの「いつも」と「もしも」のために。」
 定価1,500円(消費税込)/A4カラー全60頁
 著作 後藤貴仁/共著監修 山本倫裕・吉本章子・角田文代/イラスト 秦直樹子鬼/実業印刷株式会社

  売上代金の一部は 日本赤十字社「東日本大震災義捐金」に寄付させていただきます。
 (*) 50年間使用した場合の一年あたりの単価です(1,500円÷50年=30円)。

 ■ Facebookによるお申込み
   後藤貴仁(管理人)宛、下記テンプレート記載事項をメッセージにて送信してください。
  ■ E-mailによるお申込み
   info@cross-rc.co.jp宛 下記テンプレート記載事項をメッセージより送信してください。
  ■ 電話によるお申込み
   TEL 045-532-326(1)まで 下記テンプレート記載事項をお申し付けください。
  ■ FAXによるお申込み
   FAX 045-532-326(2)まで  下記テンプレート記載事項を送信してください。

 ★ テンプレート    送付先住所: 氏名: TEL: E-mail: 購入部数:

 ※お申し込みを承りましたら、メール便にて発送させていただきます(送料無料)。
 代金は、商品到着後1週間以内に、同封の用紙にて全国の郵便局よりお振込ください。
 (誠に勝手ながら振込手数料ATM80円または窓口120円をご負担願います。)

関連記事

行政書士 後藤 貴仁行政書士 後藤 貴仁

行政書士 
後藤 貴仁

 住友不動産株式会社都市開発事業部を経て、不動産投資顧問・コンサルティング・販売代理・仲介事業などを展開。
また、行政書士として、相続・遺言・法人設立・各種許認可事業にも従事。
日本行政書士会連合会によるコスモス成年後見サポートセンター会員。