無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 相続税対策に?!【二世帯住宅】~洗濯機は親と子で二台設ける

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社相続税対策に?!【二世帯住宅】~洗濯機は親と子で二台設ける

相続税対策に?!【二世帯住宅】~洗濯機は親と子で二台設ける

 あわせて、旭化成ホームズ(株) 二世帯住宅研究所の調査結果にはプライバシーを測る尺度として『下着の洗濯』を調査した結果も公表されておりました。
 浴室やキッチンも親世帯子世帯がいっしょで、夕食をいっしょにとるような二世帯住宅であっても、洗濯機は親世帯と子世帯で2台設けている例が多いそうです。
 ※玄関のみ共用は90%/玄関と浴室を共用は53%/キッチンも共用する二世帯は24%

 実の母娘の場合、約9割以上がお互いの下着を洗うことに違和感を示さないそうですが、プライバシーに深く関わる夫または妻の父母の下着の洗濯には違和感をもつ方々は多いようですね。ある意味当たり前の話かもしれませんが、洗濯機が2台も必要になることは計画段階では見落としがちな項目のひとつ。

 二世帯住宅においては、相続税にかかる『小規模宅地等の特例』要件緩和により来年度からは『完全独立二世帯住宅』でもその特例を受けられるようになりますが、敷地条件や予算の制約から完璧に二世帯をわける(完全分離二世帯住宅)ことができない場合もよくありますが、玄関・浴室・キッチンなどはできるだけひとつにまとめて計画したほうが、敷地条件に対する融通も効くほか総建築費も安くなります。

 ただし、できるかぎり設備は共用したほうが良いといっても、お互いのプライパシーに深く入り込む洗濯機の設置については、後から追加で設置することはたいへんです。(別途、給排水工事と電気工事を伴います)たかが洗濯機の設置ひとつとっても、追加工事がそう簡単に済まない事情を考慮して、計画初期段階から親世帯と子世帯の洗濯機を各々別に設置することを盛り込んでおいたほうが良いでしょう。

 ★毎週金曜日「相続税対策に?!【賃貸併用住宅】【二世帯住宅】」最新コラム連載中 お楽しみに♪

 ★「相続税について詳しく知りたい」等疑問・質問は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

 アイディア満載の【賃貸併用住宅】をご覧になりたい方はこちら
 暮らしの工夫で快適に【二世帯住宅】をご覧になりたい方は こちら

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。