無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 相続税対策に?!【二世帯住宅】~気兼ねなく過ごせる二世帯住宅検討の秘訣1

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社相続税対策に?!【二世帯住宅】~気兼ねなく過ごせる二世帯住宅検討の秘訣1

相続税対策に?!【二世帯住宅】~気兼ねなく過ごせる二世帯住宅検討の秘訣1

 今回から3回に分けて、二世帯住宅を検討するときに配慮すべき点について整理してみましょう。

 1.プライバシーの確保と水廻りの使い勝手

 二世帯住宅を建築する上で、重要なことは親世帯・子世帯のプライバシー確保。
二世帯住宅を検討するとき、主に現在の関係性で判断する方々が大半ですが、親の逝去をはじめとする、二世帯住宅ならではの将来考えられるリスクもあわせて想定しておくことが大切です。

 特に一棟タイプの二世帯住宅の場合にもっとも大切なことは、共用部分をどこまでつくるのか、また各々の世帯の防音・遮音対策。
 親世帯・子世帯では生活の習慣も時間帯も異なることが多いことから、生活に伴い発生する“音”“光”をはじめ、キッチン・お風呂・洗面所などの水廻りの共用をどこまでするのか。
特にキッチンの収納やカウンターの高さ、コンロとシンク、冷凍冷蔵庫の配置、調味料やなべの置き場所など、一見すると検討優先順位は低いように思いがちですが、たとえばコンロとシンクの配置が左右逆になっただけでも毎日料理する立場では、日々ものすごいストレスを感じながら料理することにもなりかねません。また、カウンターの高さひとつとっても調理後の疲労感が全く異なるなど、特にキッチン廻りは親世帯・子世帯のいずれかが妥協しなければならないほど切実な問題なのです。
 あわせて、家族各々の家族団らんとプライバシーにも配慮する必要があることから、間取りの検討ひとつにもしっかり時間をかけるべきです。

ビビッドレッドのキッチン
■写真:アクセンになるキッチン 大容量のストレージは可動棚で便利に使いこなせます(施工:ホームパパ )

 両方に言えることは、親世帯と子世帯の関係性をしっかり考えること。
共用部分が多ければ多いほど建築コストは下がりますが、共用部分が多くなればなるほどお互いの家族にかかるストレスが増えていくこともしっかり考えておく必要があるのです。
 解決策として、二世帯住宅の建築経験が豊富な建築家やハウスメーカー、工務店に相談するのも効果があります。

一方、別棟タイプの二世帯住宅は上下階の音の問題もありませんし、玄関も別々。プライバシーはしっかり守られていることから、二世帯にとって理想的な距離感と感じる方も多いでしょう。建築コストの問題さえクリアできれば、別棟タイプの2世帯住宅はお互いの距離感をほとほど取るためにも効果的です。

 次回「気兼ねなく過ごせる二世帯住宅検討の秘訣2」へつづ

 ★毎週金曜日「相続税対策に?!【賃貸併用住宅】【二世帯住宅】」最新コラム連載中 お楽しみに♪

 ★「相続税について詳しく知りたい」等疑問・質問は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

 アイディア満載の【賃貸併用住宅】をご覧になりたい方はこちら
 暮らしの工夫で快適に【二世帯住宅】をご覧になりたい方は こちら

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。