無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 情感のリハビリ?「スキップフロアの家」~「老いの体験!」老いの準備とは?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 情感のリハビリ?「スキップフロアの家」~「老いの体験!」老いの準備とは?

情感のリハビリ?「スキップフロアの家」~「老いの体験!」老いの準備とは?

 前回に引き続き、「老いたら二階に住む」リハビリの家についてのポイントをご紹介します。

 数寄屋造りがあります。まさに茶室風の簡素な佇まいを醸しだす屋敷ですが、数寄屋は数奇屋で、まさしく奇をてらう施しとも理解されあの桂離宮でもお馴染みですが、雁行するプランニングからはその動きによって庭園をいろいろな角度から覗うことができる回遊式庭園としても有名です。

 まさにわが家に住まいながらその情感を覗い知ることができ、これは心理的にも奥行きを感じ、その感性にも刺激的です。そんなことから私もそうしたプランをよく採用するのです。しかし都市家は広い庭もなく家の広さも限られます。
 そこで私が採用するプランはそんな中でも常に三方向に視界が広がるよう、空間ごとを対角方向からつながるように動線を工夫するのです。

 まさしくイラストのような対角プラン『ダイアゴナル・プラン』の手法です。

視界が広がる「ダイアゴナルプランニング」
■イラスト1:ダイアゴナルプランニング(画:天野彰)

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次ページ「半階ごとを上り降り スキップフロアの家」へつづく

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表