無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 相続税対策に?!【二世帯住宅】~気兼ねなく過ごせる二世帯住宅検討の秘訣2

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社相続税対策に?!【二世帯住宅】~気兼ねなく過ごせる二世帯住宅検討の秘訣2

相続税対策に?!【二世帯住宅】~気兼ねなく過ごせる二世帯住宅検討の秘訣2

 前回に引き続き、二世帯住宅を検討するときに配慮すべき点についてご案内します。

2.先々の活用用途をあらかじめ考えておく。

 二世帯住宅を検討する場合には、先々の活用用途も同時に考えることが重要です。
 たとえば、転勤等の事情で二世帯住宅に親世帯または子世帯のいずれかが一世帯で住むことになった場合を想定してみましょう。

親世帯にせよ、子世帯にせよ、二世帯住宅に一世帯で住むには広すぎて、使わない部屋もできてしまいます。つまり、ローン負担が重くのしかかってくるだけでなく、日々の掃除やお手入れもたいへんです。

 解決策のひとつとして、一棟タイプの二世帯住宅でポピュラーになっているのが、長い目で見て可変性のある設計。
 ある程度の工事や配置がえは必要ですが、大がかりなリフォームをしなくても対応できるように設計時から工夫が必要です。
  ・子どもの成長に合わせて部屋を分けられること。
  ・二世帯である必要がなくなったら客間付きの家にできること   など。

 また、別棟タイプの二世帯住宅では、二世帯である必要がなくなったタイミングで1棟を賃貸住宅として貸せることがメリットのひとつ。
賃貸の家賃収入でローン負担を少なくできる可能性もあるかもしれませんね。

回廊壁2世帯住宅
■ポイント:LDKを中心に家事スペースで「ぐるっと」回れるオープン回廊型の二世帯住宅(施工:善光建設

 ★毎週金曜日「相続税対策に?!【賃貸併用住宅】【二世帯住宅】」最新コラム連載中 お楽しみに♪

 ★「相続税について詳しく知りたい」等疑問・質問は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

 アイディア満載の【賃貸併用住宅】をご覧になりたい方はこちら
 暮らしの工夫で快適に【二世帯住宅】をご覧になりたい方は こちら

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。