無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. レンガや石積みの家は身を守る家?~冷暖房の時代も「夏を旨とする」!

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 レンガや石積みの家は身を守る家?~冷暖房の時代も「夏を旨とする」!

レンガや石積みの家は身を守る家?~冷暖房の時代も「夏を旨とする」!

 「住まいは夏を旨とすべし」で始まったこのコラムです。「寒さは重ね着をして火鉢を抱いてでも何とか過ごせます。しかし暑さや今日のような蒸し暑さには風の通らない家は何ともしがたいもの」となるのです。
 現代は高気密高断熱の冷暖房がよく効く住宅構造となり、その「気密性」の真価を発揮する時代となり、それが省エネと言うのですが・・・、実は兼好法師の説く「夏を旨」とは、この厳冬寒波のときにこそ言えるのです。え?どうして?と思われる方も多いと思われますが、まさしくこれは科学的で、かつ合理的なことと言えるのです。

兼好法師の「夏を旨」とは
■イラスト:兼好法師の「夏を旨とする」を絵にすると・・・(画:天野彰)

 幾度か欧米に訪れ友人の住まいなどに泊って、建築の現場に行ってその構造を見ますと、これは改めて“彼らの家”であって“私たちの家”ではないことをつくづく実感したのです。

 このことは半世紀前の学生時代、あの学園紛争がくすぶり始めていたころ、血気盛んな私も大学にちょっとした失望を抱き、西欧建築の実際を学ぼうと、社会主義であったソビエトはモスクワに向けて旅に出ていたのです。
まさか亡命?を図るべくソ連船オルジョニキッゼに乗ってウラジオストックに向けて出航した訳ではないのですが・・・。

 今思えばロシア語もままならいままモスクワ大学の建築学科に入ろうなどと、まさに20歳そこそこの世間知らずの若気の至りそのものだったのです。
  「この国から亡命したい奴はおっても亡命してくるバカがいるか!!」
と、現地在住のメディアの“ある人”にホテルのロビーのど真ん中で大声で叱責され、戻るに戻られず北欧のヘルシンキに抜け、そこから図らずも欧州そして中東各地を放浪すると言う結末となったのです。

50年前のローマテルミナを歩く天野彰
■写真1:50年前のローマテルミナを歩く著者。若い!(天野彰)

  次ページ『寒暖の差が激しい欧州の家~冷暖房の時代も「夏を旨とする」!』へつづく
  ★毎週土曜日 最新コラム公開中!

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表