無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 改めて「壁の家」と「傘の家」~冷暖房の時代も「夏を旨とする」!

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 改めて「壁の家」と「傘の家」~冷暖房の時代も「夏を旨とする」!

改めて「壁の家」と「傘の家」~冷暖房の時代も「夏を旨とする」!

 欧州の家は冬の余りの寒さがゆえ、さらに大陸で国境に接する列国からの侵入に“身を守る砦”の「壁の家」で、わが国にその見かけの形や合理的な構法だけが取り入れられ、今ではわが国独自のパネルやツーバイフォーなどの高気密高断熱の「壁の家」となっているのです。
 そのため乾燥する冬は暖房で室内がさらに乾燥し過ぎないように注意が必要ですが、多湿のわが国では壁面やサッシの枠、便器の裾などの結露が問題となります。特に怖いのは普段目にすることができない壁の中や床下などに起こるの「壁内結露」です。その結露水は流れ出ることなく構造を腐敗させるばかりか、住む人をカビやダニで苦しめることにもなりかねません。

 そんなことからわが国の住まいは夏も冬も四季を通じて「“夏”を旨とすべし」なのです。
 この“夏の家”こそ、対湿気の「傘の家」となるのです。

お馴染み「壁 (箱の家)と屋根(傘の家)」
■左:お馴染み湿気の籠もらない「傘の家」蒸れると「壁の家」 右:日本の家は通気の良い傘の家(画:天野彰)

 住まいは夏を旨とすべし・・・の「徒然草」はわが国の偽らざる自然や生活、さらに世相を穏やかにかつ的確に言い著している貴重な随想で、何年にも渡って人々が読み継いでいるものです。この気候と風土の中に息づいているテーマこそ「湿気」で、住まいも暑いときも寒いときも常に湿気とかかわり、この梅雨時こそがわが国の住まいの本領を発揮するときだと言えるのです。

 大震災を体験し、エネルギー問題にも直面し、人々はかつての暮らしに回帰しようとし、今改めて「夏を旨とすべし」なのです。もともと日本の家は「日照」よりも深く低い庇(ひさしに縁側があり、その奥に畳の部屋があるのです。深い庇は日陰をつくり、雨の湿気を防ぎ、床を高く上げて風を通し、冷えた空気を室内に取り入れようとするまさしく“傘の家”なのです。
 実は厳寒多雪地帯にある白川郷の合掌造りの家でさえ「傘の家」だったのです。
 ぶ厚い萱葺き屋根は外断熱ですが、内側は吹き抜けで風通しよく開放でき、両妻側の三角部分は、障子の紙一重に戸板の雨戸だけで、冬でも一気に開放し通気をするのです。だからこそ300年以上も長持ちするのです。

白川郷合掌造りの障子の妻側(明善寺)、吹き抜け下の囲炉裏と火だな(フード)で全館暖房!
■左:合掌造り妻側は障子と板戸だけ明善寺 右:囲炉裏と火だな 冬はこれで全館暖房(画:天野彰)

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回「『密集都市の中の「傘の家」京の町家』です。」お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表