無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1409 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 相続税対策に?!【二世帯住宅】~気兼ねなく過ごせる二世帯住宅検討の秘訣3

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社相続税対策に?!【二世帯住宅】~気兼ねなく過ごせる二世帯住宅検討の秘訣3

相続税対策に?!【二世帯住宅】~気兼ねなく過ごせる二世帯住宅検討の秘訣3

 さて、二世帯住宅を検討するときに配慮すべき点の3回目

3.将来の売却も検討課題のひとつとして考えておく

 二世帯住宅に限らず、どんな住宅・建築物でも、建築時には最良の選択だと思っていても、自分自身や周辺の環境が大きく変わることも十分に考えられます。将来、経済的な理由など、何らかの理由で売却をしようと考えても、単世帯住宅をお探しの一般の方々には二世帯住宅は大きすぎます。キッチンやお風呂が複数あったとしても、買い手側がそのメリットは感じることはまれ。逆に二世帯住宅という大型の物件ならではの金額がデメリットになってしまい、たとえ売却を決意しても、そう簡単に購入してくれる人はなかなか見つかりません。

 よって、特に一棟タイプの二世帯住宅を建てる時は、二世帯住宅ならではの使い勝手だけ考慮するのではなく、将来の建物本体価値をも考えながら設計することをおすすめします。
 将来の価値を下げないために長期優良住宅・低炭素住宅仕様にしておいた方が、一般の住宅よりも建物価値が下がる可能性も少なくより高い価格で売却できるかもしれませんね。

 一方、別棟タイプの二世帯住宅は、考え方として単世帯住宅が並んでいるだけで大きさや設計が特殊なわけではありません。
たとえば1棟だけ売却する、2棟とも売却して住み替えることなど、一棟タイプの二世帯住宅に比べて、将来への対応の幅は広いと言えます。昨年までデメリットのひとつだった相続税の小規模宅地等の特例についても緩和されていることから、一棟タイプ・別棟タイプの最大の差が現在ては【価格差】になっています。

 建築時点でのイニシャルコストを優先するか、建築時点では高くなるものの将来のリスクに配慮して別棟にするか。
 親世帯・子世帯との関係も含めて、計画段階からしっかり考えておくといいでしょう。

あなたは、1棟型か分離型二世帯住宅か
左 ■完全分離型:中庭を囲んで付かず離れず楽しい2世帯住宅(設計:光設計) 右 1棟型:大開口と吹抜でつながる2世帯の家(施工:ホープス

 ★毎週金曜日「相続税対策に?!【賃貸併用住宅】【二世帯住宅】」最新コラム連載中 お楽しみに♪

 ★「相続税について詳しく知りたい」等疑問・質問は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  info@nexteyes.co.jpまで(水曜定休日)

 アイディア満載の【賃貸併用住宅】をご覧になりたい方はこちら
 暮らしの工夫で快適に【二世帯住宅】をご覧になりたい方は こちら

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。