無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 「親子“共働”住宅」 嫁姑は“べったり同居”がいい?!~超高齢化時代結局、親子同居がいい?

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 「親子“共働”住宅」 嫁姑は“べったり同居”がいい?!~超高齢化時代結局、親子同居がいい?

「親子“共働”住宅」 嫁姑は“べったり同居”がいい?!~超高齢化時代結局、親子同居がいい?

 住まいの設計を家業としていますと世相が身に染みてよく分かります。そして家族や暮らしの変化もよく分かります。景気回復の兆しが見えて来たかのようなのですが、どっこい住まいの内外は見かけよりも悪いのではないかと思えてなりません。
 特にここのところ、親子同居の希望が増えているのではと思うのです。
医療費負担のアップ、年金支給年齢アップ!消費税アップ!と言うことからか?核家族で別々に住んできた親子が、親の高齢化に伴いお互いが離れて住んでいる不安感と、子夫婦が子育てで手狭になったことからか、親が広い家に住んでいることがもったいないと感じることからなのです。
 確かに親世帯とその子世帯を絡めた互いの人生時計を見る限り(イラスト1)確かに、年金の目減りや、医療費の負担増、さらには親の親の介護、いわゆる老々介護など、本当は先行きを考えて本音では親たちに同居の希望があるようでもあるのです。

親子二世帯の時計。内側から自身、子、孫と回る
■イラスト1:親子夫婦の人生時計を重ねると…「親子時計」(画:天野彰)

 しかし、今まで勝手気ままな核家族で暮らしてきた親夫婦は同居に不安も抱いているのです。そこで考え悩んだ揚句、結局親子世帯を一、二階に分け、勝手気ままに住める?「二世帯住宅」となってしまうのです。
しかしこの「二世帯住宅」は「同居住宅」ではないのです。近すぎるがために親子がかえって疎遠になってしまうことも多いのです。
 そこで私は息子夫婦すなわち嫁姑とはあえて“べったり”の同居。そして、意外と思われるかも知れませんが、娘夫婦とはこれまたあえて、きっちり分けた「二世帯住宅」をお勧めしているのです。

 なぜなら同居とは、親子が一つの敷地の一つ屋根の下で一緒に住むことです。これをたとえ玄関を別々にした「二世帯」にしても、音もすれば声も聞こえ、孫は行き交い、目を合わす機会も多く、他人と住む勝手気ままなマンションのようにはとてもいかないからです。
こんな中でいったん意見のくい違いがあったり、いさかいが起こったら別々に住んでいるためなかなか修復のチャンスがないのです。これは互いに苦しいことです。
このことは同じ敷地ではない「スープの冷めない距離」に居ても同じです。
 近くに住みながら“スープ”どころか顔も見せないなど、かえって気を遣うことになるのです。そこで今まで愚痴を聞いてくれた夫が病に倒れたり、亡くなりでもしたら母親の疎外感や苛立ちはさらに増すことになるのです。

 そうです!「嫁姑」こそ、あえて最初から“べったり同居”をすることです。多少のいさかいも一緒に住んでいればはっきりして解決も早いのです。また義母からいろいろと学ぶことも多く、孫には半世紀前の生きた情報やマナーも伝えられるのです。
 さらに共働きや第二子、三子を持った子夫婦は今の保育体制に不安もあり、子どもだけを家において出かける心配も解消されるのです。これこそまさしく親子「同居“共働”住宅」です。かつての三ちゃん農業や商家のように親子の役割を発揮でき、“生産性”も高い同居となるのです。

 その反対に娘同居は放っておいても、べったりとなり、それだけにかえってお互いが依存し過ぎないよう、あえて「二世帯住宅」に分け、自立した生活ができるようにするのです。世帯を分けることで娘の夫、すなわち婿の立場も尊重することとなるのです。娘だけに、いくら二世帯に分けても、たとえ喧嘩してもすぐに孫を預けにやってくるのです。

 親子がはつらつとしたチームワークの新しい同居スタイルです。
これならいずれ介護が必要となっても、安心して暮らせるのです。
行政もこうした家族を優遇し、確実なケアや家づくりをサポートすることで、安心した育児と在宅介護など、本質的な社会福祉が可能となるのです。

同居の3パターン
■イラスト2:同居のパターン同居の濃淡、左から融合~別居(画:天野彰)

 次回は「超高齢化の時代、同居“共働”住宅のプランづくり」をお話しします。お楽しみに♪
  ★毎週土曜日 最新コラム公開中!

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表