無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 相続税対策に?!【賃貸併用住宅】~賃貸経営のポイント

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社相続税対策に?!【賃貸併用住宅】~賃貸経営のポイント

相続税対策に?!【賃貸併用住宅】~賃貸経営のポイント

 今回は、これからが本番。賃貸経営のポイントについて3回に分けてご紹介いたします。

■ 入居者募集

 賃貸経営の収支シミュレーションがいかにしっかりしていても、スムーズな入居募集を依頼できないと、空室が決まらないことから見込んでいた利回りの達成が困難になってしまいます。

 そこで、今回は入居募集の依頼方法について解説いたします。
 入居募集のスタートにあたっては、入居募集図面を作成。不動産仲介会社へ入居募集依頼をします。

 この入居募集依頼方法には「専任」と「一般」の2つがあります。
 ここでいう「専任」とは、入居募集の窓口をある特定の1業者に限定。
その不動産仲介会社と専任媒介契約に基づく入居募集委託契約を締結することです。
 特定の業者を通じて入居契約が進められるため、必ず手数料が当該の業者に入ることになります。そのため入居募集依頼のために不動仲介産会社を訪問すると、不動産仲介会社は、決まって「専任」をとりたがるのです。

 また、一般募集と呼ばれる形態もあります。
 これは、特に不動産仲介会社の窓口をきめることなく、複数の仲介会社に同時に入居募集依頼をするという形態です。
この場合は、一番早く入居希望者を見つけてきた仲介業者に手数料が入ることになります。

高齢でも安心の賃貸併用住宅、ちょっとした工夫で賃貸に見えない快適空間を実現しました。
■左:東京電力とのコラボで創るオール電化のアパート(施工:トヨタホーム東京)右:1R賃貸3室を設けた賃貸併用2世帯住宅(施工:共立建設

 専任募集と一般募集には、それぞれメリット・デメリットがあります。
結論からお話すると、一概にどちらの募集方法が良いということは言えません。経営に対する取り組みの仕方によって、どちらが向いているのかが決まります。よって、メリット・デメリットをしっかりご理解いただいたうえで、いずれかの方法で入居者募集を行う必要があるのです。

 次回、【専任募集のメリット・デメリット】をご紹介いたします。

 ★毎週金曜日「相続税対策に?!【賃貸併用住宅】【二世帯住宅】」最新コラム連載中 お楽しみに♪

 ★「相続税について詳しく知りたい」等疑問・質問は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  メール相談はこちらまで(水曜定休日)

 賃貸併用住宅や2世帯住宅をご検討の方、実績豊富な会社を選ぶことをおすすめします。詳しくはこちら
 アイディア満載の【賃貸併用住宅】をご覧になりたい方はこちら
 暮らしの工夫で快適【二世帯住宅】をご覧になりたい方は こちら

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。