無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 相続税対策に?!【賃貸併用住宅】~一般募集のメリット・デメリット

住宅関連記事・ノウハウ

住生活コンサルタント 早坂淳一 ネクスト・アイズ株式会社相続税対策に?!【賃貸併用住宅】~一般募集のメリット・デメリット

相続税対策に?!【賃貸併用住宅】~一般募集のメリット・デメリット

 一般募集とは、特に窓口をきめることなく複数の仲介会社に同時に入居募集依頼をするという募集依頼方法です。 一般募集の場合はもっとも早く入居者希望者を見つけてきた仲介業者に手数料が入ることになります。

  【メリット】
 1.インターネットにみなさまの物件情報が数多く掲載。
   これは、依頼した仲介業者の数だけ募集の間口が広がるためです。
 2.広告料を支払わなくても募集してくれる可能性がある。
   仲介会社は、少なくとも入居者から仲介手数料を取得できるためです。
 3.集客力のある業者に直接入居募集依頼できる。
   営業力のある業者は広告料と仲介手数料あわせて2か月分の手数料がとれる
   物件を優先して案内するので、一般募集が効果的です。
 4.積極的に募集活動してくれる。
   現場の営業担当者は、手数料が2月分とれる物件を優先して紹介するよう
   指示を受けています。

  【デメリット】
 1.本気で募集してくれないこともある。
   他業者が決めてしまった場合は、仲介業者に一切手数料が入ってこないので
   仲介会社によっては、熱心に募集してくれない可能性があります。
 2.問い合わせ対応に忙しくなる。
   空室照会について、自分自身で全て対応しなければならず、その労力がかかります。
 3.契約書の書式がマチマチで、契約内容を統一することが難しい。
   仲介業者ごとにそれぞれの書式をもっています。
   書式がばらばらになると把握が非常に煩雑になるため、あらかじめ統一された
   契約書類を作成しておく必要があります。
 4.入居審査方法が統一できない。
   自分自身で入居審査をしなければならない場面が多くなります。
 5.物件のカギを自分自身で管理する必要がある。
   仲介会社から直接内見方法について問合せがくるため、現地にカギを備え
   付けるなどの工夫が必要になります。

一般募集のメリットとデメリット
■一般募集のメリットとデメリットをよく理解しよう!

 ★「相続税対策に?!【賃貸併用住宅】【二世帯住宅】」最新コラム連載中 お楽しみに♪

 ★「相続税について詳しく知りたい」等疑問・質問は随時受付中(ネクスト・アイズ株式会社)
  ■電話によるご相談(無料) →  0120-406-212 まで(水曜定休日)
  ■メールによるご相談(無料) →  メール相談はこちらまで(水曜定休日)

 賃貸併用住宅や2世帯住宅をご検討の方、実績豊富な会社を選ぶことをおすすめします。詳しくはこちら
 アイディア満載の【賃貸併用住宅】をご覧になりたい方はこちら
 暮らしの工夫で快適【二世帯住宅】をご覧になりたい方は こちら

関連記事

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。