無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 中古物件のリノベーション注意点【購入前】(1)~大注目!中古物件リノベーション

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 秋山 怜史 秋山立花 一級建築士事務所中古物件のリノベーション注意点【購入前】(1)~大注目!中古物件リノベーション

中古物件のリノベーション注意点【購入前】(1)~大注目!中古物件リノベーション

 ここ数年、注目を浴びるようになってきた「中古物件リノベーション」。
 「リノベーション」という言葉もだんだんと市民権を得てきたように思います。今後はますます、中古物件を購入してリノベーションをしようという人が増えていくことでしょう。

 それでは実際に中古物件リノベーションをしようとする時には、何に気をつければいいのでしょうか。
 マンションの一室を購入してリノベーションをする場合を例にとって話してまいります。

 まず、購入前に知っておいてほしいところが「共有部の存在」です。
 マンションには自分の他に多くの方が住まわれていますので、もちろんのこと「共有」する部分が存在します。この「共有」する部分はリノベーションをする時に「自分では勝手に変えることができない」部分。 当然と言えば、当然のことですね。
ただし、自分の意志だけでは変えることができない部分であるからこそ、購入をする前にしっかりと確認をしておくことをお勧めします。

 まず、代表的な共有部分と言えばエントランスや廊下、階段などでしょうか。エントランスや廊下の雰囲気が、自分の好みや信条に合致しているかどうか、だけではなく、常に綺麗に保たれているかどうか、もチェックしておくと良いと思います。
 そのマンション全体がしっかりと管理、運営されているかどうかが分かる、ひとつのポイントだからです。管理会社の担当者がしっかりと見回っているのか、清掃業者による適切な清掃がしっかりと行われているのか、実際にそこで暮らしていくと気になってくる点ですので、注意が必要です。
 玄関ドアや窓など、共有部分に面しているものも共有部分ですので、勝手に変えることができない箇所です。玄関ドアや窓は空間を考える上で大変重要な部分ですし、自分の部屋から常に見え、手に触れる箇所です。それなのに、気に入らないから取り替える、ということが一筋縄ではいかない。空間をデザインしていく上で、これらの開口部が空間に与える影響はとても大きなものですので、しっかりと見ておきたいところです。

 自分では勝手に変更ができない部分だからこそ、事前の確認をしっかりとする。中古物件リノベーションではこういった「事前の確認」が欠かせません。

内観も素敵に生まれ変わる・中古マンションリノベーション
■中古物件は購入前のチェックが重要(マンションリフォーム事例:秋山立花 一級建築士事務所

 ★一級建築士 秋山 怜史さんへ、もっと詳しくお話が聞きたい方は以下の「お問合せ・カタログ請求」から
  お気軽にどうぞ♪
   実例もご覧いただけます。
     新築はこちら
     リフォーム・リノベーションの実例も公開中 こちらよりどうぞ♪

関連記事

建築家 秋山 怜史建築家 秋山 怜史

建築家 
秋山 怜史
秋山立花 一級建築士事務所

秋山立花 一級建築士事務所 代表
 設計事務所を経て2004年独立。 2008年 秋山立花一級建築士事務所 設立。
 「家が居心地が良すぎて、出不精になった」と言われるほど「居心地の良い空間」を設計することに長けた建築家。 また『社会と人生に新しい選択肢を提案する』をコンセプトに、ペアレンティングホームやcosmosをはじめとした中古物件を活用した家づくりや地域活性のためのプロジェクトなどを手がけています。
保育、不動産のプロフェッショナルと協創した「ペアレンティグホームプロジェクト」は日本で初めての事業生のあるシングルマザー専用シェアハウスとして、各方面で評価されています。
 「家の設計」を通して、居心地の良い、人生の安らぎと楽しみとなる空間をつくりあげることが目的です。