無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 親子同居さらにその親との「四世同堂」の家~上手な二世帯同居プランづくり

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 親子同居さらにその親との「四世同堂」の家~上手な二世帯同居プランづくり

親子同居さらにその親との「四世同堂」の家~上手な二世帯同居プランづくり

 「四世同堂」は「鶴は千年、亀は万年」のめでたいこと

 今のわが人生を基軸にした「住まいの時計」の外側にはわが子さらに孫の時計が回り、そこで若いころの新築の際や、今は夫婦だけの建て替えでも同居を想定内として住まいのプランを考えるのです。
 むろん子どもが成長するまでは家族で使うのですが、その後は水回りを加えるだけで二世帯が住めるように、互いが分離したり、あるいは一体同居にしたりするようにプランを考えるのです。二世帯に分離できることは子との同居に限らず、いざとなれば玄関と階段を区切って人に貸すことも前提とするのです。

 最近はさらに長寿で親夫婦はもとより祖父母も元気で、三世代どころか四世代が一緒に住む例も多い。これを中国の故事で「四世同堂」と言い、まさに「鶴は千年亀は万年」のようにめでたいことなのです。親子がせっかく一緒に住むなら、経済的なメリットだけではなく、一緒に暮らす安心感と世代の違う夫婦が互いに学び助け合う価値観を見出したいものです。

親子孫時計
■イラスト:孫子そして親の人生も回る時計(画:天野彰)

 同居のプランは1万通りもある!?

 とは言え同居の住まいの設計は難しく、なかなか完璧なプランはできません。一つの家族が住むだけの家の設計でさえ夫婦双方が満足する家にはならないのです。
 なぜなら何度もお話しするように“夫婦は決して1つではない”からです。家づくりでは夫と妻の希望がそれぞれ10通りずつあれば、夫婦で10×10=100で、なんと100通りのプランができるのです。これが親子夫婦の同居となると親、子それぞれに100通り!なんと、100×100 の1万通りのプラン!が生まれることになるのです。

 実際にはそれほどのプランをつくることは不可能ですが、同じ家族の希望でも意見の強弱によってなんとまったく違ったプランになってしまうのです。親子夫婦4人が意見や希望を強く際限なく言い出すと全員の要望に合ったプランなど出来ようはずがないのです。
 そこで早計「二世帯住宅」となるのです。が、互いが勝手に自由に暮らせる反面、父親を亡くしたり、経済のバランスが崩れた瞬間に、別々に暮らして来たために互いの思惑と理解が分からず、かえって不自由になることも多いのです。

親子孫その親同居住宅
■写真:親子孫さらに祖父母も住む家イメージ(天野彰)

 そこで次回は、改めて積極的「同居“共働”住宅」のプランニングです。

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回もお楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表