無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. 「同居の“密度”」?で親子の最適同居とは?~上手な二世帯同居プランづくり

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 「同居の“密度”」?で親子の最適同居とは?~上手な二世帯同居プランづくり

「同居の“密度”」?で親子の最適同居とは?~上手な二世帯同居プランづくり

 同居と言えば古来「三世代同居」と、親子そして孫が一つの家に一緒に暮らすのがあたり前のことでした。それがなぜか核家族化が進み親子が別々に住む「二世帯住宅」などと言うスタイルとなっているのです。

 いったいなぜそんなことになったのかと言うと、一部の鉄筋コンクリート製の家を除き木造の家が一般的であった住まいが、ある輸入建材によって鉄骨造の外壁に軽量発泡コンクリートすなわちALC板を張ることにしてなんとなく鉄筋コンクリートのような家が可能となり、まさしく1、2階を別の世帯、つまり2世帯に分けて住めそうと言うことからでした。

 当初はまるで事務所のような四角い箱のよう家でなんの変哲もない家でしたが、これに外階段を付け、二つの玄関を設けさらに庇を突きだして屋根のようにすると何となく家らしくなり、親子二世帯が一つ屋根の下で分けて住めそうなどと、今までの同居住宅の不自由な点をいろいろ探り出し、親子が勝手気ままに住める「二世帯住宅」と言うことで一挙に話題になったのです。
 おかげで親子の同居の本来の良さは失われたものの、逆に子育てを巡り互いが干渉しあうなどや、生活時間のずれなどの煩わしさから解放されたのです。一方でこの隔離によって互いがクールとなり、ややもすると、無関心となり過ぎて子ども、すなわち孫はせっかく同じ屋根の下で祖父母と暮らしているのにも係らずその恩恵をこうむることもなく、さらにいずれ親の側が夫を失ったりでもすると母親は孤立し、疑心暗鬼となることもあって積極的な交流も必要となるのです。
 しかし突如一体同居でべったりと同居することは互いが慣れていないことと、現代は時代が変わって嫁いびりどころか親が子夫婦にいろいろ気を遣って疲れてしまうことが多いのです。

 結局親子が1、2階に分けて勝手気ままに住める「二世帯住宅らしさ」を生かしつつイラストのように寝室や台所(キッチン)などを極力離して互いのプライバシーを守り、逆に互いのリビングやダイニングルームを近づけ、そこは一体にし、一体同居のプランに近づけることが良さそうです。

矢印左右が同居の濃さ
■イラスト:同居の濃度とそのパターン(画:天野彰)

 私は息子夫婦、すなわち嫁と同居するなら最初から思い切ってイラストの左寄りの「べったり同居」が良く、反対に依存し過ぎる娘夫婦との同居はあえてきっちりと分けた右寄りの「二世帯住宅」が良いと思うのですが、皆さんはいかがお思いでしょうか?

こうした同居の拙著『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)先着5名様にプレゼントいたします。

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

 天野彰著書『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』

  *********************************************************

  ★天野彰先生の大人気著書 先着5名様にプレゼント!
  『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)
  お申し込みは下記の【お問合せ】よりどうぞ♪

  *********************************************************

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表