無料新規会員登録

掲載情報件数

完成事例 1404 件 | ハウスメーカー 22件 | 工務店 84件 |建築家 13 件 | 住宅展示場リノベーション

  1. HOMEHOME
  2. 住宅関連記事・ノウハウ TOP
  3. 設計のヒント
  4. まったく新しい「家のかたち」をつくる?~新しい家の発想

住宅関連記事・ノウハウ

建築家 天野 彰 まったく新しい「家のかたち」をつくる?~新しい家の発想

まったく新しい「家のかたち」をつくる?~新しい家の発想

 今わが国は大きな3つの課題の上に成り立っています。
 しかもそれは生活に関することで、とりわけ老いの暮らしと住まいのあり方についてです。

 その大きな問題は少子化と高齢化で、今さら聞きたくもないほど言い尽くされていることがらですが、実は実質的な生活に関して社会保障など、本質は何一つ変わっていないのです。
 さらに大きな問題にエネルギー問題がありますが、表面的にはこれもソーラーパネルをはじめとする再生エネルギー化などで、一部の人は率先して行っているものの、生活思想の中に有効には取り入れられていないのです。
 そして最後が明日来てもおかしくない巨大地震や都市直下型をはじめとする災害の対策で、交通や上下水道などのインフラの老朽化など、儲け優先、財政存続のためにますます危険度が増しているなどです。

 さて、こんな困難な時代に如何に有効にかつ安全にわが家、わが暮らしそして人生を守るかですが、これはわが暮らし、わが生き方を根本的に変えることしかすべがないように思えるのです。
 その最大の手法が「減築」の発想です。つまり核家族化が進み、わが家、わが街が拡散し巨大化し過ぎているのです。いくらインターネットが進んでも人はリアルの中に生きて初めて人間となり家族となるのです。
 その“リアル”をどう具現化させるかと言えば、まさにかつての江戸や京都の暮らしのようにコンパクトに住むことです。
しかも現代のそれは意外にも「個」を優先させることで可能となるのです。
 まさに夫婦はリアルに一緒に暮らしても、実は夫と妻の「個」が、“個々に暮らし”親と子もまた同じです。
 そうです、10歳を越えた子どもは既に子ではなく「個」なのです。まさにかつての元服と同じです。ましてや親夫婦、子夫婦の同居も二世帯ではなく4つ、さらにはその子を含めて5つ6つの「個」の暮らしの家なのです。
 これは携帯電話が個々に普及して、家庭電話の必要が無くなったように、家族の「個」がそれぞれアドレスを持って勝手に社会と繋がる「モバイル」の暮らしなのです。
この“モバイル状態”から、新たな住まいの暮らし方となり、このためのそれぞれの住まいのハードとソフトが確立し、まさに家族、親子が「個」でありながらリアルに強く繋がり、さらに責任ある「個」を社会に確立させるのです。

 家族のそれぞれが最小の空間と装置で最小のエネルギーで暮らし、労働、さらには教育、そして医療福祉と密接につながり、その「個」の空間と装置がそれぞれの安全安心と自給自足し、新しいインフラと社会のシステムと連動していくのです。
 それがこれからの住まい、「家族のかたち」そして「同居のかたち」をつくるのです。
 これこそがこれからの種々の問題を解決させる「住まいのかたち」いや考え方なのです。

 ではそれは「個」の発想の住まいとはいったいどんなものか?どんな暮らしなのか?・・・、これからお話しをして参りたいと思います。
まずはヒントとなるお馴染みの住まいの原点のイラスト3点を改めてご覧ください。

 家の原点、江戸の裏長屋の家族の図
 ■イラスト1:かつての洞穴の住まいの暮らしに戻る? ■イラスト2:江戸の裏長屋の暮らしに戻る(画:天野彰)

 日本の家は通気の良い傘の家
 ■イラスト3:そして「個」が持つ家になりこれから新しい住まいのかたちを考える(画:天野彰)

 なお新年に引き続き、拙著『脳が若返る家づくり部屋づくり』(廣済堂出版)など、お望みの本をさらに5名様にプレゼントいたします。

 天野彰・最新著書『脳が若返る家づくり・部屋づくり』

*********************************************************

  ★天野彰先生の著書 2014 先着5名様に1冊プレゼント!
  『脳が若返る家づくり・部屋づくり』(廣済堂出版)
  お申し込みは天野先生のHPのお知らせ(News)からどうぞ

*********************************************************

 ★毎週土曜日 最新コラム公開中!   次回お楽しみに♪

関連記事

建築家 天野 彰建築家 天野 彰

建築家 
天野 彰

岡崎市生まれ。日本大学理工学部卒。
「日本住改善委員会」を組織し「住まいと建築の健康と安全を考える会 (住・建・康の会)」など主宰。住宅や医院・老人施設などの設計監理を全国で精力的に行っている。TV・新聞・雑誌などで広く発言を行い、元通産省「産業構造審議会」や厚生労働省「大規模災害救助研究会」などの専門委員も歴任。著書には、新刊『建築家が考える「良い家相」の住まい』(講談社)、『六十歳から家を建てる』(新潮選書)『新しい二世帯「同居」住宅のつくり方』(講談社+α新書)新装版『リフォームは、まず300万円以下で』(講談社)『転ばぬ先の家づくり』(祥伝社)など多数。

 一級建築士事務所アトリエ4A代表